思うこと 食について

無農薬や無添加にこだわるのって、実際のところどうなの?|農薬と食品添加物の危険性について

2017/06/02

 

こんにちは、sioriです。

体に悪いものをなるべく採りたくなくて、結婚して料理を作るようになってからは、出来るだけ農薬や添加物の少ない食材を使って来ました。

生活クラブ」、「らでぃっしゅぼーや」、「大地宅配」などを利用し、国産、無農薬・減農薬の野菜やお米、無添加の調味料、平飼い卵などを買っていました。

でも、こういった「こだわりの食材」を扱う所って当然ですがどこもすごく高いです。

 

例えば「生活クラブ」で扱っている「パスチャライズド牛乳」という瓶詰の牛乳が好きでよく注文していたんですが、この牛乳、一本で税込み273円します。しかも容量は900mlと少なめ。スーパーでは100円台で1000mlの牛乳が買えることを思うと、いくら安全で美味しいとは言え、毎日飲むものとしてはちょっと高過ぎます。

 

c6c27bee0ecd8dd09955cbb167ee4f87_s

 

他の「らでぃっしゅぼーや」や「大地宅配」でも同じようなオリジナル牛乳を作っており、お値段は「生活クラブ」よりも更に高いです。

確かにどれも、低温殺菌ノンホモ牛乳飼料に遺伝子組み換え不使用など、とてもこだわって作られた牛乳で品質もトップクラス。このお値段の価値は十分あると言えるかもしれません。

しかし、そもそも、ごく平凡な中流階級であるうちが、そこまでこだわりの商品を買う必要があるんだろうか?と最近疑問を感じています。

 

 

スポンサーリンク


 

こだわりには際限がない

「こだわり」というのは、際限がありません。今の時代、選択肢は膨大で、牛乳一本買うのにも下は100円前後から、上は1,000円以上するものまでピンキリで、みんな自分のこだわりと懐具合を天秤に掛けて商品を選んでいます。

こだわり出したらキリがなく、逆に切り詰めようと思えば割と融通が利くわけです。

昔は上記のように、こだわりの食材宅配を利用して、調味料もほとんどそこで揃えていました。どれも普通のスーパーには売っていないような商品ばかり。醤油なんて一本1000円くらいするのを買ったことも。今思えば、うちには勿体ないくらいの贅沢です。何でそんなべらぼうに高い醤油を買う気になったんだか・・・。今はとてもじゃないですが醤油にそんな金額は出せません。

何だか、パンフレットを見ているとだんだん感覚がマヒして来ちゃうんですよね。「特級」とか「伝統製法」とか「有機」とか「天然醸造」とかの文字を見ていると、普通にスーパーで売っている安い醤油がすごく良くないものに思えて来てしまうというか。

もちろんほとんどの場合、お値段がいい方がモノもいいですよね。原材料や製法にお金がかかればそれだけ商品の価格は上がりますから。

でもじゃあ、スーパーで売っている安い商品がそんなに悪いモノなのかと言うと、決してそんなことは無いと思うのです。

どうも、ああいうこだわり商品ばかり見ていると、「これでなくてはダメ」な気持ちにさせられてしまうんですよね。

 

実際どれだけ危険なのか

では、スーパーの安い食材って実際のところどうなんでしょう?

確かに上記の食材宅配で扱っているような高価な食品よりは農薬や添加物が使われている比率は高いかもしれません。普通のスーパーでそこまでこだわりの食材ってあまり見かけませんし、だからこそ「こだわり食材宅配」の存在価値もあるわけです。

でも、農薬や添加物だってただやみくもに使われているわけではなく、そこには何度も慎重に試験を重ねて計算された厳しい使用基準があるのです。そして実際は、添加物の量は基準値よりも少ないケースが多いらしいです。なので、万が一それを食べ続けたとしても、一応「安全性に問題は無い」ということになっています。

でも、100%天然や無農薬のものに比べたら、少しでもそれらが入っている方が体に良くないのは確か。だからそうして厳しい基準が定められ、必要以上に体の中に摂り入れないようにしているんですもんね。

 

スポンサーリンク


 

では、スーパーで買った農薬入り・添加物入りの食材を食べ続けたせいで病気になる人って、いったいどのくらいの確率でいるんでしょうか?

農薬について非常に詳しく書かれている「農薬ネット」によると、その確率は農薬については実はごくごく少ない数字になっています。なんと、農薬よりもタバコアルコール肥満の方がよっぽどリスクが大きいんです。

でも私を含め「主婦」の立場の人たちは、農薬・添加物に非常に敏感ですよね。もう「農薬」と聞くだけで拒絶反応を起こしちゃいます。悪いイメージがすっかり出来上がってますから。

ちょっとでも何かあればマスコミは実際より大げさに報道しますし、不安を煽るような書籍もたくさん出てますから、無理もありません。主婦には家族の健康を守る役目があるんですもの。

でも、正しい情報を知れば、おそらく考えが変わる人もいるのではないでしょうか?事実を知った上で、そこから「じゃあ自分はどういう商品を選ぶのか」と考えて行くのがいいと思うんです。

要は「価値観」ですよね。
正しいデータを知ってもなお無農薬・無添加にこだわる人もいるでしょう。無農薬の野菜を買う人は、「安心」を買うのです。高いお値段は「安心料」です。

eca78e8d603fdd992ca56a9adcd802b4_s
食材にはこだわっても毎晩お酒を飲むという人もいると思います。上記の「農薬ネット」の表によると、残留農薬や食品添加物よりアルコールの方がずっと危険な数字になっていますが、普通の人のイメージはまったく逆ですよね。

アルコールの害の実態を知ったらお酒をやめる人も出てくるかもしれません。農薬・添加物を目の敵にするように、「とにかく健康第一」と、健康に悪いものをことごとく排除しようとする人もいるでしょうし、実際ネットの世界でもそれに近い人を見かけることがあります。でも、そこを目指してしまうと、この現代社会では本当に生き辛くなってしまいます。

お酒を飲みたい人は飲めばいいと思います。タバコだって、その害を知りながらなお吸い続ける人も大勢いますが、それで全然いいと思うんです。この地球上で生活する限り、すべての危険を100%避けることは不可能なんですから。だったら、どの危険を避けてどの危険を許容するか、それはそれぞれの「価値観」の問題です。

 

囚われ過ぎず、楽しく美味しく暮らす

かく言う私はどうかというと、今は食材は基本【パルシステム】という生協を利用しています。ここは上記の3社よりこだわり度は下回りますが、その分値段も安いです。それでいてちょっぴりこだわりの商品も買えるので、選択肢が広いです。


 

スーパーで買う時は、こだわるのは「国産」であることくらいです。肉も野菜も一応国産を選ぶようにはしています。でもそれも場合によりけりで、あまりに価格差がある時は外国産のものを選ぶこともあります。

最近はあまりそういったことに囚われなくなりました。 気にしても、どれだけ病気などを防げるのかと思うと、掛けたお金だけの効果はまず得られないというのが実感としてありますので。

だって、そんなのまるで気にせず何でも食べていても90才以上の長生きの人もいますし、食事に並々ならぬこだわりを注いで来た人が病気になるケースだって実際にあるんですもの。

お金が余っているようなお宅ならどれだけこだわってもいいと思いますが、そうでない場合(うちです)、無理して微々たる安全を手に入れるよりは、もっと他のことにお金を掛けた方がずっと有意義な人生を送ることが出来るのではないかと思うんです。

 

もちろん、農薬や添加物を使っていないに越したことはないです。でも、あまりに気にして不安に駆られながら暮らすのは大きなストレスですよね。農薬・添加物よりそっちのストレスの方がずっと体に良くないと思います。

スーパーで買った食材がニセモノなわけではありません。同じニンジンです。同じキャベツです。同じ牛乳です。味だってそこまで大きな違いはありません。

必要以上に「気にする」より、出来る範囲で「ちょっと気を付ける」ぐらいでちょうどいいのかな、と。そんな微々たるものに囚われず、美味しく食べて楽しく暮らすのが一番だと思っています。

 

アドセンス

スポンサーリンク



-思うこと, 食について

おすすめ記事

1480139034170 1
【無印良品】鉄フライパン22cm 購入しました!お弁当のおかず作りに最適な大きさです♪

  こんにちは、sioriです。 迷いに迷っていた鉄フライパン。 よう ...

1482490691791 2
【ルプルプで白髪染め】定期便サービスを申し込みました。使い方次第でちゃんと染まることを実感。

    こんにちは、しおりです。 これまでさんざん試行錯誤し ...

1476248308305 3
私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア

  こんにちは、sioriです。 宇津木式スキンケアを実践中です。いわ ...

1478063968464 4
エキナセアで免疫力UP!風邪やインフルエンザを予防&諸症状の緩和に♪おすすめのエキナセアを紹介

  こんにちは、しおりです。 今年も風邪対策に、「生活の木」の「エキナ ...

1487736815227 5
100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】を2週間使ってみての感想

  こんにちは、sioriです。 先日の記事にも書いた「ハーブガーデン ...