宇津木式スキンケア

宇津木式スキンケアでどうしても乾燥してしまう場合の対処法

 

こんにちは、sioriです。

私が「宇津木式スキンケア」を始めたのがいつ頃だったか、はっきりとは思い出せないんですが、おそらく2015年の頭あたりだったと思います。真冬だったことは憶えています。

いきなり乾燥の一番酷い冬に始めてしまったので、最初の年はさすがに乾燥が辛くて大変でした。

そのうち春になって乾燥の季節は終わり、私の肌も宇津木式に慣れて来たこともあり、だんだん肌は突っ張らなくなって行きました。

「これでもう乾燥とは無縁だ・・・」
そう思っていたのですが、季節がめぐり再び冬が来ると、またお風呂上りに口周りや頬のあたりが乾燥し始めました。なかなか一筋縄では行かないんだな・・・とその年の冬も耐えて過ごしました。

 

そして今年。
ここのところ、一気に空気が乾燥し始めましたよね。

宇津木式ももうだいぶ経つし、もういいかげん乾燥することはないんじゃ・・・と思っていたら、やっぱり口周りと頬だけは乾燥してカサついて来てしまいました。残念・・・。

でも今年は、洗顔後に肌がひきつっても、わりとすぐに解消されます。気になるのは最初だけです。鏡を見るとカサついて白くなっていますが、あの引きつる嫌~な感じはすぐに消えます。

なので、最初の頃のように「化粧水付けたいな~」と思うことはありません。それだけでも進歩かもしれません。そして、一晩寝て起きると、肌は冬とは思えないくらいすっかりいい感じになっています。

 

1477990372038

 

肌が乾燥しても何もつけずに我慢する

「肌がつっぱるような気がしても、30分~1時間ほどたてば気にならなくなります。
サラサラした質感の、健康な素肌が一日中続きます」

本にもこう書いてありますが、確かに時間が立てば「引きつり・カサつき」は感じなくなります。ここで乾燥に耐えられず化粧水やクリームを付けてしまうと、また再び「化粧品に依存する肌」に戻ってしまうので、ここはグッと我慢です。

※ただし、バリバリに乾燥したり、真っ赤になったり、ヒリヒリするなどの症状が出た場合は要注意です。

「化粧品に長年依存してきたために、重度の肌トラブルが起きていると考えられます」とのこと。

こういった場合は、少しずつ肌を慣らすために、段階的に化粧品を減らして行く必要があります。
本にはその方法もくわしく載っています。 → 「化粧品を使わず美肌になる!

 

どうしても乾燥に耐えられない時は・・・

最初の年は、「何も付けずに我慢しよう」と思っても乾燥の引きつりが気になって仕方なくて、どうしても我慢できない時だけ、うす~くワセリンを付けていました。

本にも、「粉吹き肌には、ごま1粒分のワセリンをつける」とあります。ワセリンは肌内部には浸透しないので、肌バリアを壊しにくいそうです。ワセリンを塗ることによって、乾燥でカサついた肌が落ち着きます。

この時にワセリンを付け過ぎないことが重要!
ただ私には「ごま1粒分」では無理でしたね~^^; 「米1粒分」くらい使ってました。それを手の平全体に広げて、気になるところに軽く抑えるように付けていました。

今年は口周りと頬の乾燥も、ワセリンを付けなくても平気です。乾燥はしてもガマンできる程度なのでそのまま放っています。ただ、唇だけは今もワセリンをほんの少し付けてます。唇は乾燥するとひび割れてしまうので。

なので、今の私の「夜のお手入れ」は、入浴後に唇だけワセリンを塗る です。

「朝のお手入れ」については、こちらの記事で書いています。 → 私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア

 

健康な肌はさらさらしている

宇津木式スキンケアを始めて分かったこと、それは、「健康な肌はしっとりでももっちりでもなく、さらさらしている」です。

分かりやすく言うと、子どもの肌と同じ感じなのです。子どもの肌も、しっとりもっちりというよりは、「さらさら」した手触りではありませんか?今の私の肌もあんな感じなんです。

子どもは化粧水や乳液など付けなくても、健康な肌を保っていますよね。私の子どもも、何も付けなくても真冬でも乾燥知らずです。唇だって何も付けません。

昔は勘違いしていました。乾燥するものだから、「しっとりさせなくては!」と躍起になって化粧品を塗り込んでいました。でも、いくら一生懸命いろんな化粧品を塗り込んでも、すぐに乾燥してしまうのです。

いま書いていて思い出しましたが、昔、若いころにイ〇サ(伏字にしときます・・)という化粧品を買ったことがあります。今もあるのか知りませんけど、化粧水と乳液が一体になった商品があって、使う人の肌の乾燥度によって何種類か(確か7~9種類くらい)に分かれていたんです。診断をしてもらったところ、私は本当に酷い乾燥肌で、その商品の中で一番油分の多いタイプを勧められて買ったんです。
でも、それを付けても乾燥はまったくもって改善されず、それなのにニキビが大量に出来てしまうという最悪の事態になり、すぐに使用をやめました。

 

最後に

今は油分を塗らなくても平気な肌になりました。当然ニキビも出来ないし、お金も掛からないし、言う事ありません。

「シワができやすくなるんじゃない?」という疑問をよく耳にしますが、私の場合は、宇津木式にしたらシワが増えた、なんてことは無いです。むしろ肌が健康になるので、シワは出来にくくなるような気がしますよ。

乾燥は確かに肌に良くないので、宇津木式スキンケアで乾燥してしまう時は、上記のようにワセリンを使用して、うまく乾燥の季節を乗り越えたいですね^^