方法について

本気で美肌を目指す人のシンプルスキンケア|肌の力をよみがえらせる方法

 

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_s

 

こんにちは、sioriです。

女性は誰でも皆、美肌に憧れるものです。
若いころの肌は、みずみずしくハリもあって、内側から輝いているようにキレイですが、悲しいことに年を取るにつれてハリは失われ、いつしかシワやシミが出現し、肌の悩みはどんどん深刻なものになっていきます。

「いつまでも美しい肌でいたい」
それは、女性であれば当然の気持ちですよね。

寄る年波には勝てないとは言え、40代50代でもびっくりするほどキレイな肌の人がいたり、逆に20代の若さで乾燥から来るシワに悩む人もいます。
若いころのようなハリを永遠にキープするのは無理でしょうが、世間でよく「マイナス10歳肌」などと言われているように、少しでも肌の老化を遅らせて年齢よりも若々しい肌を保っていくことは、決して不可能なことではないと思っています。

美肌になるためには、いったい何が必要なのでしょうか?
高額な化粧品やエステでしょうか?
日々マッサージを欠かさないなどのたゆまぬ努力でしょうか?

「どうすれば美肌になれるのか」

美肌になるために大切なことは、まず「肌の健康を妨げている原因を取り除く」ことです。

今日はそのことについて書いて行こうと思います。

 

肌の健康を妨げているものとは?

睡眠不足、ストレス、女性ホルモン、栄養の偏りなど、肌の健康を妨げている原因はいろいろあるでしょうが、一番直接的に肌に悪影響を与えているのが、女性が日々使っている「化粧品」だと思っています。

私は「すべての化粧品をやめて、健康で美しい肌を取り戻す」という「宇津木式スキンケア」を実践しています。

それによると、化粧品に含まれる「油分」や「界面活性剤」、「添加物」、そして「肌をこする刺激」で肌バリアが壊れることによって、シミやシワ、乾燥、肌荒れ、ニキビなどのトラブルが起こってしまうとのこと。
また化粧品の中に含まれる保湿成分は肌内部のうるおいにはならないのだそうです。保湿どころか肌の機能を壊してトラブルすら招いてしまう・・・恐ろしいことですよね。

なので、美しい肌を手に入れるためには、何もつけないのが一番いいというのがこの宇津木式スキンケアの考え方です。

 

スポンサーリンク


 

宇津木式スキンケアとは?

「宇津木式スキンケア」とは、クリニック宇津木流の院長である、宇津木龍一先生の考案したスキンケアで、「つけない・こすらない・洗いすぎない」の3つを基本にした究極にシンプルなお手入れ法です。

何もつけないこの宇津木式スキンケアを始めると、肌本来の保湿機能や新陳代謝がよみがえり、キメ細かく美しい肌になれる という効果があるとのこと。
実際、私も平成15年の頭から続けていてその効果を実感しています。

具体的なお手入れは、洗顔には「純石けん」を使い、タオルで押さえるようにやさしく水分を吸い取ったら、後は何もつけません。以上です。
朝は「水洗顔」のみで、メイク下地として「ワセリン」を少量つけ、ミネラルファンデーションか日焼け止めパウダーをブラシでつけます。ポイントメイクは普通に行いますが、基本的にパウダータイプしか使いません。口紅はリップライナーを引いた後にワセリンをつけています。

いろいろ試して、純石けんは「ねば塾 白雪の詩 」を、ミネラルファンデーションは「ETOVOS」のものを使っています。「ETOVOS」は付属のブラシ狙いでこちらの「ミネラルファンデーション スターターキット」を最初に買いました。


 

参考記事はこちら。

私のベースメイク。使っているのはこれだけ。

宇津木式スキンケアで私が使っているワセリンはこれ

 

宇津木式で得られた効果

洗顔後、なにもつけないで平気でいられる女性がどれだけいるでしょうか?
きっとほとんどの女性が肌の乾燥に耐えられないのではないかと思います。

でも、もともと肌というのは何もつけなくても自ら皮脂を分泌し、勝手に潤ってくれるものなのです。自ら潤える肌が本当の意味で「健康な肌」「若い肌」と言えるのだと思っています。

それを妨げているのが、外から栄養分や油分を大量に補ってしまう化粧品類です。外から休むことなくどんどん補われてしまえば、肌は皮脂を分泌することも新陳代謝も怠けてサボるようになっていきます。

そうなると、もはや化粧品に頼らなければいられない肌の出来上がり。次々と何種類もの化粧品を塗りたくって何とか肌のうるおいを保とうとします。そしてますます肌は働かなくなっていくという悪循環に・・・。
宇津木式を実践していくうちに、私は化粧品をつけなくても平気な肌を手に入れることが出来ました。今のこの乾燥の時期でも、お風呂上りに何もつけなくても大丈夫なんです。多少、引きつりを感じても時間が経ってくると気にならなくなります。肌の調子はすこぶる良いです。

肌の変化に関してはこれまでもいろいろ書いていますので、参考にしてください。

肌の保湿をやめると得られる効果|宇津木式スキンケア

宇津木式スキンケアでお肌のキメが改善。すっぴん力が上がります。

 

スポンサーリンク


 

 

最後に

45f8fc552135117ad612b0e781d1b270_s

私は今ホームヘルパーの仕事をしているのですが、80~90才の高齢の女性で、何も化粧品を使っていないのにお肌がとてもキレイな人に何人も出会います。もちろんこのお年ですからシワはありますが、肌が白くキメが整っていて見るからに健康な肌なのです。入浴のお手伝いもしますが、顔も体もただタオルで拭いてそのままですが、乾燥もほとんどありません。

この人たちは意識することなく宇津木式スキンケア同様のことを何十年も続けてきたのです。
戦争中や戦後の混乱期には、化粧品なんて贅沢なものは使えず、そのままそれが習慣になってここまで来たのでしょう。
でもおかげで余計な刺激物を肌に塗り込むこともなく、天然の働きによって美しい肌を保ってこられたのです。
(ただ、農家の人などで長年紫外線を浴びて来た人は別ですね・・・。紫外線は本当に肌に良くないと実感します。)

いくつになっても美肌を目指すことはできます。
そして、美肌のためにスキンケアは必要ないのです。

「なにもつけなくてもキレイな肌」、「しっかり自分で働く肌」は、宇津木式スキンケアで手に入れることができます。
肌の浄化をし、肌の力をよみがえらせて美肌を取り戻しましょう。