宇津木式スキンケア 注意すること

私が美肌作りのために心掛けていること|宇津木式スキンケア

 

aedca56de4bead3d3f11d25b13aba318_s

 

こんにちは、sioriです。

昔からキレイな肌に憧れていろんなことをして来ました。20代の頃なんて今よりずっとみずみずしい肌をしていたはずなのに、今よりずっと手を掛けお金も掛け少しでも美肌に近づくべく奮闘して来ました。

パックも市販品のみならず、きゅうりパックヨーグルトパックなど、肌に良いと聞けば即試しました。ちなみにどちらも肌が赤くなり痒みが出てしまって私には合いませんでした。
スクラブ洗顔塩パックなど、肌への刺激の強いものも怖いもの知らずでやっていました。そんなことぜんぜん必要ないのに…と今ならそう思えますが、その時はもう夢中だったのです。

若い頃は肌荒れや吹き出物などけっこう肌のトラブルが多かったように思います。でもそれは肌から自然発生したというよりは、上に書いたように美容目的で肌に合わないものを顔に塗りたくっていた影響が大きいと思います。

そうして肌を痛めつけることばかりしていても、時間が経てば肌はやがて回復していきました。肌の持つ力ってすごいですよね。肌だけでなく人間の体には「自然治癒力」が備わっており、何か体にトラブルが起きても体自らが健康な状態に戻そうと働いてくれるのですから。

ですから、トラブルが起きたからといってすぐに何とかしようと外部から余計なものを補ってしまうより、余計なことはせずに体に任せた方が良いのです。その方がよっぽど体に負担を掛けることなく自然に治癒に導いてくれるのですから。

 

スポンサーリンク

 

私が美肌作りのために心掛けていること その1

世の中にはさまざまな「体に良い商品」が溢れています。
ですが私は、それらより「体が健康でいようとする力」の方がずっと優れていると思っています。

なので、「私が美肌作りのために心掛けていること」は、「体(=肌)が健康でいようとする力の邪魔をしない」ということに尽きます。

私が実践している「宇津木式スキンケア」は、まさにそれを体現できるメソッドです。「何も付けない」といういわゆる肌断食ですが、これを続けていくうちにほとんど肌のトラブルを感じなくなりました。

→ 本気で美肌を目指す人のシンプルスキンケア|肌の力をよみがえらせる方法

 

年相応にシミやたるみはあるものの、年齢のわりにはキメが整っていると感じます。毛穴をそれほど感じず(少しはありますが)、くすみもほとんどなく、もっちりというかふっくらというか、見た目でそれが分かる程度には良い状態を保っているように思います。

そして、触ると肌がやわらかくしっとりして手に吸い付く感じがあります。でも肌の状態が悪い時は、表面がザラザラして手に吸い付く感じがまったくありません。よく油モノを食べた後や寝不足が続いた時にこういう状態になります。

 

スポンサーリンク

 

 

美肌作りのために心掛けていること その2

やはり「食べるもの」が肌に及ぼす影響はとても大きいと思います。
あと「睡眠」ですね。

食事に関しては、日々、意識的に野菜良質なたんぱく質をしっかり摂るように心掛けています。

野菜は一回の調理に5種類は使うようにして、もし難しい時は「具沢山味噌汁」にしてしまいます。たんぱく質は肉や魚をメイン料理にし、納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品を出来るだけ毎日摂るようにしています。

そして外食は月に一回と決めています。その日以外は毎日家で私の作った食事を家族で食べます。家族はもっと外食をしたいのでしょうが、自炊の方が安全な食材を使えるし経済的です。最近、外食をしても値段に見合う満足感を得られないケースが多く、それなら家で作って食べた方がマシだと思ってしまうのです。おかげで子どもたちにも「外食は特別なイベント」という意識がすっかり根付いています(笑)

 
山本彩さんの「あなたは半年前に食べたものでできている」という本がありますが、確かに人間は口に入れたものから栄養を吸収して日々活発な新陳代謝を行い生きています。

逆に言えば、食べたもの以外から栄養を吸収することはできないわけです。私たちの手も足も内蔵も、髪の毛もそしてこの肌も、すべて自分が食べたものを養分にして活動しているのです。

そう考えるとやっぱり体が喜ぶ、細胞が喜ぶものを食べたいと思うのです。

 

b6b73083bb8c17248a9ceb67557565f5_s

 

とは言え・・・。
そんな食事ばかりではやっぱりつまらないですよね。

せっかく世の中には美味しいものがたくさんあるのに、健康のために食べたいものを我慢するなんて、人生を損しているような気分になってしまいます。あんまりストイックになってしまうと、楽しい人生を送れません。

誰でも「より良い生き方をしたい」と思っているわけですし、健康になりたいのも美肌になりたいのも「より良い人生を生きたい」と思っているからですよね。何かの効果を得ようとしてあまりに禁欲的になり過ぎるのは、本来の目的を見失う恐れもあり本末転倒になり兼ねません。

 

適度にバランスを持って行動する

以前ある人から聞いたのですが、孔子の言葉に「何事にも中庸であれ」という言葉があるのだそうです。「不足もなく、余分もなく、適度にバランスを持って行動する」という意味だそうです。

→ 人が元気で長生きするためのヒント

 
体に良いこと、良くないこと、色々ありますが、それをちょっと取り入れたくらいじゃ大した事態にはなりません。問題は「やり過ぎてしまう」こと。

肌断食も、ダイエットも、食事改善も、運動も、いくら体に良いとは言え、極端にやり過ぎてしまうと、プラス面だけでなくマイナス面もガッと前面に出て来てしまいます。

暴飲暴食、飲酒など、体に良くないことだって、それを少しやる分には大した影響はありません。でも抑えが効かなくなってやり過ぎてしまうから体に異変が起きてしまうのです。

「何事も中庸であれ」

頭の中にいつもこの言葉を置き、思いが強くエスカレートしそうな時にはこの言葉を思い出して心にブレーキをかけるようにしています。

極端な方向に傾かずいつでも「ニュートラル」を意識する。

とても大切なことだと思っています。

 

まとめ

「私が美肌になるために心掛けていること」は、

1.体(=肌)が健康でいようとする力の邪魔をしない
2.毎日、野菜と良質なたんぱく質、大豆食品を摂る なるべくたくさん寝る
3.ストイックになり過ぎず中庸を意識する

以上です。

「美肌」と言っておきながら体の健康について書いている部分が多かったですが、でも結局は体を健康にすることがそのまま美肌作りに繋がると思っています。健康な肌は健康な体あってこそですよね。

若い頃はキレイな肌になりたくてせっせとパックしたり美容液を塗り込んだり必死でしたが、食事や生活にはとんと無頓着でした。ダイエットといって主菜を抜いたり、毎晩遅くまで起きて万年寝不足状態でした。これらはすべて間違いでしたね。

パックも美容液も健康な肌には必要ないし、そんなことより食事をしっかり摂って、少しでも早く寝て睡眠時間を確保することの方がずっと大切でした。

でも途中で気付けて良かったです。
宇津木式スキンケアを続けて来て、今の肌にはとっても満足しています。

あと問題はこの「たるみ」です・・・。
シワはそれほど気にならないんですが。
その話はまた別記事にて。

 

それでは、また。

 

アドセンス

スポンサーリンク



-宇津木式スキンケア, 注意すること

おすすめ記事

1480139034170 1
【無印良品】鉄フライパン22cm 購入しました!お弁当のおかず作りに最適な大きさです♪

  こんにちは、sioriです。 迷いに迷っていた鉄フライパン。 よう ...

1482490691791 2
【ルプルプで白髪染め】定期便サービスを申し込みました。使い方次第でちゃんと染まることを実感。

    こんにちは、しおりです。 これまでさんざん試行錯誤し ...

1476248308305 3
私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア

  こんにちは、sioriです。 宇津木式スキンケアを実践中です。いわ ...

1478063968464 4
エキナセアで免疫力UP!風邪やインフルエンザを予防&諸症状の緩和に♪おすすめのエキナセアを紹介

  こんにちは、しおりです。 今年も風邪対策に、「生活の木」の「エキナ ...

1487736815227 5
100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】を2週間使ってみての感想

  こんにちは、sioriです。 先日の記事にも書いた「ハーブガーデン ...