紫外線対策

【宇津木式の紫外線対策】15分以下の日差しなら日焼け止めはいらない・・・?

 

a9e201f115095340279921663f0568a1_s

 

こんにちは、sioriです。

基礎化粧品を「何もつけない」 宇津木式スキンケアという肌断食を実践しています。肌への刺激を究極的に減らし、肌本来の働きをよみがえらせるというのが宇津木式の狙い。

でも、紫外線の増す時期になると、肌にやさし過ぎるケアでは十分なUVケア対策ができないのでは?と心配になるんですよね…。

紫外線は肌の老化を早めて、肌の見た目を大きく損なってしまいます。女性としてはできるだけ浴びるのを避けたいもの。しっかりUVケアをして日焼けすることなく無事に紫外線の季節を乗り切りたいですよね。

とは言え、市販のUVカット化粧品はけっこう刺激の強いものが多いのが困りもの。SPF値やPA値が高く紫外線カット効果の高いものほど肌へ負担がかかってしまいます。それに、肌にぴったりと密着して普通の石けんでは落とせないものもありますよね。

肌にあまり負担をかけることなく、安全に紫外線対策をするには、どうすればいいのでしょう?

そこで今回は、宇津木式スキンケアを実践している私の「紫外線対策」について述べてみたいと思います。

 

 

15分以下の日差しなら日焼け止めはいらない・・・?

宇津木式では「日焼け止めクリームの害」をとても深刻に考えており、塗らない害より塗る害の方が大きいと言っています。

「15分以下の日差しなら日焼け止めはいらない」

とまで言っています。

日焼け止めクリームには、肌バリアを壊す界面活性剤が使われているし、塗るときにこする刺激も肌に良くない、日常的に使うと肌の乾燥や老化が進む、とのこと。

確かに紫外線は肌にとって非常に有害です。

だからと言って、その紫外線を防ぐために紫外線以上に有害なものを肌に塗り込んでいては元も子もないというわけですね。

宇津木先生は著書の中で、「日に当たる時間が一日15分以内なら紫外線対策は必要ありません。むしろ健康のためには一日5分~10分程度は日に当たることをおすすめします」と書いています。

紫外線を避け過ぎるとビタミンDが不足して、骨粗しょう症などの病気をまねくことはよく知られていますよね。確かにあまりにも病的に紫外線を避け過ぎるのも良くないと思います。

ただ、一日15分しか日に当たらない生活をしている人は、そう多くはないのでは?という気がします。

働いている人はたとえ屋内の仕事だとしても、通勤で日に当たることは避けられないですし、専業主婦の人も庭の手入れをしたり買い物に出かけたり洗濯物を干したり、何かと紫外線を浴びる機会は多いですよね。

私も仕事の移動で車を運転したり外を歩いたりすることが多いので、一日トータルでけっこうな時間を日光にさらされています。なので、紫外線対策を何もせず外出するなんてとても怖くて出来ません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

「ヒリヒリしなければ紫外線に当たっても平気」との事ですが・・・

一日15分以上、日に当たる場合については、このように書いています。

「直射日光に一日15分以上当たるときも、日焼け止めは避け日傘や帽子を使いましょう。日差しに直接あたったとしても、夜になって肌が赤くなったり火照ったりしなければ大丈夫です。」

宇津木先生は、日焼け止めを使うのは屋外でスポーツをしたり海に行った時くらいにして、それ以外の時は日焼け止めを塗る必要はない、と言います。

ただ、、、これは女性にとってはすごく勇気のいることですよね。やっぱり紫外線は怖いですもの。少しは日光を浴びた方がいいのは分かりますが、必要以上に素肌を紫外線に当てたくはありません。

「一日15分以下の日差しなら日焼け止めはいらない」というのも、専門家である宇津木先生が言うのですから確かにそのとおりなのかもしれません。

でも感覚としてやはり、紫外線の注いでいる季節にたとえ15分以下でも素肌に日差しを浴びることには大きな抵抗があります。

太陽の光を避け過ぎてビタミンDが不足するのは困りますが、せめて「顔」だけはシミの恐怖から少しでも遠ざけていたい・・・。一応わたしも女ですから^^;

 

ワセリンベースの日焼け止め「VUVプロテクト」

そこで宇津木先生が推奨しているのが、ワセリンベースの日焼け止め「VUVプロテクト」です。

「ワセリンベースの日焼け止めなら、肌への負担を軽減できます」とのこと。

なぜワセリンベースの日焼け止めなら塗ってもいいのでしょう?

それは、ワセリンは他の油類と比べてとても酸化しにくい性質を持っており、そのうえ防腐剤も入っていないので肌のバリア機能を壊す心配がないからです。

なので、「15分以下なら日焼け止めは不要」とは言え、どうしても必要なときにはこの「VUVプロテクト」を使うといいそうです。

ワセリンがベースで、界面活性剤・紫外線吸収剤・防腐剤は不使用。もちろん石けんで落とせます。

 

「VUVプロテクト」の購入方法

この「VUVプロテクト」は、通販サイトがありません。今現在の購入法としては、下記の問い合わせ先にメールかFAXで問い合わせて購入するしかないようです。

【問い合わせ先】
株式会社エメローゼン 通販部
FAX:043‐301-3782
MAIL:info-cu@aimeerozen.jp

「VUVプロテクト」(10g入り) 1,540円(税込)

成分は、ワセリン・ジメチコン・酸化チタン・ナイロン・水酸化AI・メチコン
SPF13 PA++相当

 

私の紫外線対策はこれ!

では、肝心の私はいったいどんな紫外線対策をしているのか言うと、これが本当にシンプルなんです。

まず1日の流れを説明しますね。

 

夜のお手入れ

純石けんで洗顔するのみ。
水分をタオルオフしたら、そのまま就寝。

 

朝のお手入れ

朝はメイクをするので、水洗顔のあとワセリンを少量付け、その上からミネラルファンデミネラルUVパウダーを付けています。その後普通にポイントメイクをします。

普段の顔の紫外線対策は、エトヴォスのミネラルファンデか、「ミネラルUVパウダー(SPF50 PA++++)」を付けるだけ。
夏は汗をかくのでパウダーの付け直しが必要になりますが、帽子や日傘を併用して紫外線の季節を乗り切っています。
この方法でそれほど日焼けをすることなく過ごせていますよ^^

上の「VUVプロテクト」にも興味は持ってはいるんですが、今のところは「サンホワイト P1」というワセリンの上に、エトヴォスのミネラルファンデかミネラルUVパウダーを付けるという方法をとっています。



肌のお手入れについては、こちらの記事でくわしく書いています。

私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア

【ワセリン】顔用に精製度の一番高い「サンホワイト」を買ってみました。

 
宇津木式では基本的に「ノーファンデ」ですが、「塗りたい時はパウダーにする」と本にも書いてあるので大丈夫(笑)

リキッドやクリームタイプのファンデーションは特に良くないみたいですね・・・。「顔をペンキでおおっているようなもの」だそうですよ…。

高機能のファンデーションで肌の表面は美しくなっても、メイクの下の素肌はダメージを受けてボロボロ・・・なんて嫌ですよね。私は宇津木式に出会ってからリキッドやクリームタイプのファンデはいっさい使っていません。やはりパウダーが一番肌にやさしいような気がします。

そして、ワセリンベースの日焼け止め「VUVプロテクト」ですが、自分でご紹介しておいて何ですが、やはり金額的にちょっと考えてしまいます・・・。10gしか入ってなくて1,540円ですもんね。

私の使っている「サンホワイト P1」は、50gで1,000円くらい。ここまで差があるとちょっと簡単に手が出ません。その上にUVパウダーも付けますが、上記の「VUVプロテクト」にしてもSPF13程度では不安ですからどのみちUVパウダーは付けることになります。

もしかしたらそのうち気が変わって「VUVプロテクト」を買ってみることもあるかもしれません。

でも今のやり方で特に不満は感じていないので、当面はこのまま行くつもりです。

 
それでは、また。