体・健康 思うこと

「体にやさしく暮らす」とはどういうことか?未来の体のために今できること

2017/08/23

6558c719d8fdcf319c79951ccef3fc4f_s

 

こんにちは、sioriです。

このブログのタイトルになっている「体にやさしく暮らす」。

体にやさしく暮らすとはどういうことか?

これはもちろん「体が楽をする」ということではありません。

「体にやさしく」というのは、「体がよろこぶことをする」ということ。

今回は、これを深く掘り下げて考えてみたいと思います。

 

「体にやさしい」とは、体が楽をすることではない

体がよろこぶことをする、それは「体を甘やかすこと」でもありません。
もっとこう、生命レベルで体がよろこぶことをするという意味です。

時にそれは、体には良くても心は喜ばないことかもしれません。
むしろ「良薬口に苦し」で、体に良いことほど心はキツく感じるケースもあります。

私はやっぱり、体の生命力を最大限に引き出す生き方に憧れているんですよね。

宇津木式スキンケアにしてもそうですけど、科学の力を借りなくても、人間の体にはもともと健康になる力が備わっているし、その力にはどんな偉大な科学でもとうてい敵わないと思っているんです。

→ 私のスキンケア|宇津木式スキンケア

 

逆に、科学の力を借りることが、人間本来の力を弱めているのではないか?と。
宇津木式スキンケアを実践していくうちに、そう感じるようになりました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

体が持つ本来の力を潰さない生き方をしたい

さまざまなアレルギーにしてもそうです。

私が介護の仕事で接する高齢者の方々は、花粉症やアトピー性皮膚炎で悩んでいる人なんてほとんどいません。
彼らと私たち、何が違うのか?と考えると、食事や生活習慣以外に思いつかないのです。

同じ人間で、同じ日本に暮らし、同じ空気を吸って生きているのに、なぜ高齢者はアレルギーになる人が少なくて、若い世代がこれほど多種多様なアレルギーに苦しんでいるのか。

昔は食事は手作りが主流でしたし、洗剤類もほぼ石けんひとつで何でも賄っていたのではないでしょうか?

今のように便利な家電もなく、夏は暑いまま汗をたくさんかいて過ごし、お日様と共に起きて寝るような、人間は本来こうあるべきという生活をみんなが自然に送っていたのだと思います。

今の私たちの生活は、それとはまったくかけ離れていますよね。

夏はエアコンで冷え冷えで、凍えながら過ごしたり、夜遅くまで夜更かししてパソコン、スマホ、テレビ。

食事はインスタントやレトルトなど便利で手間いらずな食品が次々発売され、洗剤やシャンプーは合成のものが主流となり、抗菌商品が出回って、もう暮らしの中のあらゆる場所に人工的な手が加わっている感じです。

アレルギーの人がこれだけ増えているのは、そういった生活に体が悲鳴を上げているからでは?

…なんてことも思ってしまいます。

そういった多くの便利なものが、私たちの体の力を徐々に弱めているのではないか?と。

 

【スポンサーリンク】

 

 

内側からパワーが湧いてくるような体を目指す

私は宇津木式スキンケアをして、何もつけなくても肌は健康でいられる、むしろ余計なものを付けない方が肌の力が引き出されて、より健康で元気な肌になれることが分かりました。

今の私の肌は、化粧水も乳液もクリームも何もつけなくても、乾燥することなく肌が自分の力で潤ってくれるようになりました。

本当に、真冬でもいっさいスキンケアはしません。
メイクの前に下地としてワセリンを付けるだけです。

→ 私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア

 

はっきり言って、色々なスキンケア商品を使っていた頃よりずっと肌はキレイで良い状態を保っています。

人の肌は何もつけなくても大丈夫なんです。

だからきっと、肌だけでなく体全体がそうなのだと思います。

余計なものを使わない方が、体は元気になれる。
本気でそう信じています。

なので、出来るだけ体の自然な営みを邪魔するようなものは避けて暮らしたい。
体の隅々まで細胞が生き生きと活動してくれるような体になりたい。
内側からパワーが湧いてくるような体を目指したい。

それが、私の思う「体にやさしい暮らし」です。

もちろん、完璧にはできません。
とても無理。
私も現代人ですので。

たまにはインスタント食品に頼ることもあるし、冷凍食品だって使います。
食器洗い洗剤は便利さを取り、割り切って合成のものを使っています。

でも、自分のできる範囲で、少しでも自然に近い形で生きていきたいという思いがあるんです。

以前、一日断食をしたことで、花粉症が劇的に良くなった経験もしました。

→ 「一日断食」をきっかけに花粉症の症状がほとんど出なくなりました。食事とアレルギーは多いに関係があることを実感。

 

今の現代人は、科学に頼り過ぎ、食べ過ぎ、動かな過ぎです。
そして、簡単に薬を飲み過ぎ。

そういった食生活、生活習慣が、体の不調として表面化しているのだと思います。

これからも、モノに頼らない生き方を私のライフワークとして、このブログで発信して行きたいと思っています。

そんなに徹底できているわけではありませんが(もっと凄い人は大勢いますし)、でも、一般の主婦が、家族との兼ね合いの中で出来るだけ理想を追う、というのを実践していきたいです。

 
※関連記事→ 昔は無かったものが、今は必需品? 世の中の「当たり前」を疑ってみる

 

アドセンス

スポンサーリンク



-体・健康, 思うこと

おすすめ記事

1480139034170 1
【無印良品】鉄フライパン22cm 購入しました!お弁当のおかず作りに最適な大きさです♪

  こんにちは、sioriです。 迷いに迷っていた鉄フライパン。 よう ...

1482490691791 2
【ルプルプで白髪染め】定期便サービスを申し込みました。使い方次第でちゃんと染まることを実感。

    こんにちは、しおりです。 これまでさんざん試行錯誤し ...

1476248308305 3
私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア

  こんにちは、sioriです。 宇津木式スキンケアを実践中です。いわ ...

1478063968464 4
エキナセアで免疫力UP!風邪やインフルエンザを予防&諸症状の緩和に♪おすすめのエキナセアを紹介

  こんにちは、しおりです。 今年も風邪対策に、「生活の木」の「エキナ ...

1487736815227 5
100%天然成分のオーガニックシャンプー【ハーブガーデン】を2週間使ってみての感想

  こんにちは、sioriです。 先日の記事にも書いた「ハーブガーデン ...