食について

玄米・大麦ごはん・雑穀米|栄養だけでなく美味しさも追求するならどれを選ぶべき?

e98ee5929e796b2c4e9bd2e80bada85e_s

 

こんにちは、sioriです。

お米、どんなものを食べていますか?

今は健康志向が高まって、白米のまま食べるよりも、玄米や大麦、雑穀を混ぜてごはんを炊く人が増えていますよね。

それぞれ特徴が異なり、味も違います。

そこで、玄米・大麦ごはん・雑穀米の中で、どれがいちばん栄養価が高いのか、美味しいのか、色んな方向からくわしく見ていきたいと思います。

 

玄米について

85a00dc9eea7d1696b79f7584d0c5356_s

 

玄米とは、精米する前のお米。
稲のもみ殻を取りのぞいただけの、まだ周りを糠に覆われている状態の茶色いお米です。

玄米のメリット

玄米は白米より栄養豊富で、生活習慣病や便秘解消、デトックス効果があると言われています。

なんと食物繊維は白米の約5倍!

また、抗酸化作用のあるビタミンEがたくさん含まれているため、玄米を食べることで細胞が酸化するのを防いでアンチエイジング効果も期待できます。

 

玄米のデメリット

これはまず「消化に悪い」こと。
相当よく噛んで食べないと、胃の弱い人には負担が掛かってしまいます。

あと、白米を食べ慣れていると、どうしても玄米を「マズい」と感じてしまいがち。

個人的には、玄米100%でも十分美味しく感じるんですけどね。
夫も娘も、わりと玄米が好きで、一時期は毎日玄米を炊いて食べていました。

でも息子だけが玄米が苦手だったんです。

最初は玄米と白米を5対5とか、2対8とか、いろいろ試してはみたものの、どうしても玄米の独特の匂いと味がダメだったようで。

いくら健康にいいと言っても、息子だけ食事のたびにストレスを感じるのは可哀想だと思い、玄米はそのうち炊かなくなってしまいました。

あと、玄米は炊く時に少々手間が掛かります。
水に浸したりなどちょっと時間を置かないといけないので、うっかり忘れたときは仕方なく白米を炊いていました。

【スポンサーリンク】

 

 

大麦ごはんについて

8aa5cad6ec297a9eeb5f3109e423544f_s

 

次は大麦です。

玄米に挫折した我が家は、次にわりとクセのない大麦を混ぜてご飯を炊くようになりました。

大麦はそのままではなく、白米に混ぜて炊きます。
うちは白米3に大麦1の割合いで混ぜていました。

味はそれほどクセが無く食べやすい上に、ちょっともっちりした歯ざわりでとても美味しいです^^

炊く時は、大麦の量に合わせて水を足します。
足す水の量は、大麦の量の2倍。

 

麦ごはんのメリット

大麦にも玄米と同じく栄養がたくさん含まれています。

まず、食物繊維が豊富なので、玄米同様、便秘の予防や解消になります。

また、小腸でコレステロールが吸収されるのを防ぐ働きや、肝臓で血中コレステロール値を下げる働きをするなどの効果も。

消化吸収に時間がかかるため、血糖値の上昇が緩やかで肥満になりにくい点もメリットですね。(玄米も同じ)

さらに、大麦は白米に混ぜてそのまま炊くことができるので、玄米より手軽です。
味も玄米よりずっと食べやすいです^^

 

麦ごはんのデメリット

こちらも玄米同様、消化に良くないので、よく噛んで食べないと胃腸に負担をかけると言います。
お腹を下したり、オナラが出やすくなったり。

でも、うちは麦ごはんもよく食べていますが、家族の誰もそのような症状は出ていません。
人によるのだと思いますが、それほど神経質になるほどでもないかな?と。
私の感覚ですけどね。

玄米は確かによく噛まないとお腹が重い感じになることがありました。
麦ごはんは玄米ほどではないと思います。

ただ、栄養面では麦ごはんは玄米にかないません。
食物繊維は麦ごはんの方が上ですが、それ以外の栄養素はほとんど玄米の方がまさっています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

雑穀米について

1c7f0edc073a0a93c80cfb5ac2f4cc6a_s

 

白米に、あわ、ひえ、きび、ハトムギ、押し麦、大麦、黒米など、何種類かの雑穀を混ぜて炊くご飯のことです。

お店では食べやすいようにパックになっているものがたくさん売られていますね。

色んなブレンドのものがあるので、味や香りなど好きなものを選んで食べることができます^^

 

雑穀米のメリット

大麦と同じように、白米に混ぜて炊くため、色々なものが入っているわりにとても食べやすいです。

私は雑穀米の味も大好き。

そしてもちろん、栄養がとても豊富。
食物繊維、ミネラルが豊富で、アンチエイジング効果もあり。

また、中身を好きなように変えられるので、自己流アレンジでお好みの雑穀米に炊き上げることも可能。
色も種類によってはお赤飯みたいに変わったりして楽しいです^^

私は面倒なのでパックになっている手軽なものを買ってます。
個包装で1回分ずつ使えるのでとても便利です。

 

雑穀米のデメリット

とくに思いつかないので調べてみたところ、配合によっては白米や玄米よりもカロリーが高くなる可能性があるとのこと。

ただ、精製された白米よりは吸収速度が遅く、そのぶん血糖値が上がりにくいので、比較的太りづらいとは思います。

栄養はやはり玄米にはかないません。
玄米は完全栄養食なので、栄養面だけで見ればいちばん優秀ですね。

 

結論:玄米と麦ごはんと雑穀米はどれを選ぶべき?

栄養的には、とにかくいちばん優れているのは玄米で間違いありません。
では、麦ごはんと雑穀米ではどちらが栄養価が高いかと言えば、どちらかと言うといろいろな穀物が入っている雑穀米に軍配が上がりそうです。

値段的には、玄米は農薬が気になる人も多いようですので、無農薬のものを買おうとすればかなり高価になってしまいます。
それに比べ、大麦はとても安価。
雑穀米は手軽なパック入りのものがたくさんありますが、大麦よりは割高になります。

まとめると以下のようになります。

【栄養】
玄米 > 雑穀米 > 大麦

【費用】
大麦 > 雑穀米 > 玄米

 

最後に味ですが、これは好みにもよると思います。
私の独断では、雑穀米がいちばん美味しく、次に大麦、最後に玄米ですね。

すべてをトータルすると、これも独断ですが、いちばん美味しく栄養価もそれなりに高く続けやすいのは「雑穀米」だと思います。

玄米は費用や手間がかかる上に、味や香りが苦手な人も多いので、ちょっと敷居が高いのではないでしょうか?

でも、例えば病気を治したいとか、美容のためにとか、何かしら強い目的がある場合には栄養をいちばん重視すると思うので、その際は玄米を選ぶのが良いと思います。

私は美味しく食べたいのが一番なので、雑穀米を選びます^^

麦ごはんも美味しいんですが、雑穀米に比べるとちょっと飽きやすいというか…。
あまり麦ごはんが続くと、もうそろそろいいかな~と思ってしまいますね^^;
以上、今日はごはんの話でした。

 

それでは、また。

 
※こんな記事もあります。

お弁当のおかずは、時短・簡単でなるべく手作りする

庭のレモンで「レモンジャム」を作りました。初めての手作りジャムは大成功です^^