宇津木式スキンケア

真冬でも乾燥知らずの肌は「宇津木式スキンケア」で手に入ります

texture-2871393_640

 

こんにちは、しおりです。

毎年、乾燥の季節がやってくると、肌断食の効果を自分の肌で確かめる感じなのですが、今年はこれまでよりずっと調子が良いです。

おととしくらいまでは、お風呂上りだけは肌が乾燥して引きつりが気になっていました。

ところが去年あたりから真冬でもあまり乾燥が気にならなくなり、今年も12月に入って空気はかなり乾燥してきましたが、肌の乾燥はほぼ無いと言っていい状態です。

去年の私の肌の様子はこちら↓

 

今日は、宇津木式スキンケアを実践して約3年経った今の肌の状態を書き留めておこうと思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

一年を通して肌はモチモチしっとりです

いつも肌の調子は、見た目と肌触りで判断しています。

暖かい時期はあまり判断がつかないのですが、冬になって空気が乾燥してくると、肌はてきめんにその影響を受けます。

宇津木式スキンケアをやる前は、洗顔後に何も付けないでいるとすぐに肌がピキピキと音が立てるんじゃないかというほどガサガサに乾燥していました。

本当にものすごい乾燥肌だったんです。

その辺のことはこちらで書いています↓

 

「宇津木式スキンケア」という肌断食を実践するようになって、私の肌は文字通りよみがえりました。

あんなに乾燥がひどくて油分を塗りたくっていたのに、本当に何も付けなくても乾燥しなくなったんです。

今では、一年を通して肌トラブルとは無縁。乾燥知らずです。

お風呂上がりのいちばん肌が乾燥する時も、もう引きつりも粉吹きもありません。

時間をかけて、少しずつ肌本来の働きを取り戻して行ったのだと思います。

 

何も塗らないとシワができるのでは?

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s

 

たまにブログの問い合わせフォームから質問が来るのですが、いちばん多いのが「40歳を過ぎて何も保湿しないと、シワができてしまうのでは?」という質問。

確かに、40代を過ぎると肌にはシワが出現しやすくなりますし、シワを防ぐには保湿が必須という考えが一般に浸透していますから、そう思うのも無理もないですよね。

私自身もずっとそう思ってきましたので。

でも、宇津木式の肌断食は、何も付けないことで肌が自分で潤うようになるよう導くというスキンケアなので、保湿化粧品を付けなくても肌から程よく皮脂が分泌されて、自分の皮脂で肌の乾燥を防ぎます。

肌の内側から潤うため、外から補う保湿化粧品よりも保湿効果は格段に上なんです。

事実、私の肌はここ数年新しいシワはできていません。本当に。

でももう40代も半ばですので、近い将来には自然の老化現象には逆らえなくなる日がやってくると思いますが、今のところはシワは出来ていませんし、肌はいつもモチモチとした柔らかい手触りです。頬を触っていると幸せな気持ちになります^^

 

【スポンサーリンク】

 

 

根気よく続けることで肌は徐々に回復してきます

今がどんなに乾燥していても、「何も付けない」を続けることで肌の状態は少しずつ改善してきます。

乾燥肌とは、元気に活動できなくなった肌のこと。

それは、過剰な保湿やスキンケアのやり過ぎによって、肌が怠けているからに他なりません。

ただ、極度の乾燥肌の人がいきなり肌断食に挑戦してしまうと、その反動で肌トラブルが多発してしまうこともあるので、慎重に少しずつ段階を踏んで取り組むのが良いと思います。

焦らずゆっくり、気長に続けることで、眠っている肌力を少しずつ目覚めさせていきましょう!

 

それでは、また。