Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
体・健康

ブルーライトカットのPCメガネを買ってみた。その効果は?

 

最近パソコンを新しく購入し、このブログをはじめWEBライターの仕事もぼちぼち始めてパソコンの画面を見る時間がずいぶん増えました。

するとやはり目がものすごく疲れるんですよね。画面をジッと眺めているとまばたきが減って目が乾燥しますし、長時間、目の焦点を同じ場所に合わせていると目にすごく負担がかかります。

このところ何度かメガネ屋さんに行く機会があったのですが(うちは全員メガネ)、そこで「ブルーライトカットのメガネ」というものを知りました。

 

ブルーライトとは何か?

パソコンやスマホの画面を長時間見続けることで、目がショボショボしたり視界がぼやけたりすることがありますが、その一因になっているのがこの「ブルーライト」というものらしいです。

ブルーライトとは380~500nm(ナノメートル)の波長の青色光のことで、人間の目で見ることの出来る光(可視光線)の中で一番波長が短く強いエネルギーを持っているとのこと。

最近増えて来たLEDの照明や液晶ディスプレイは、このブルーライトを多量に発光しているそうです。

長く見続けることで眼精疲労を起こしたり、メラトニンの生成を抑制させて何と睡眠障害まで引き起こす可能性があるというから恐ろしいです。

夜にブルーライトを多く浴びてしまうと、体内時計が狂って睡眠に悪影響を及ぼしてしまうのだとか。

 

ブルーライトカットメガネを購入!

メガネ屋さんでブルーライトカットメガネの存在を知って以来、ずっと欲しくて仕方なかったのですが、今日たまたま夫が遠近両用メガネを「JINS」に見に行くというので一緒についていき、ついにブルーライトカットメガネを購入してきました!

カット率が25%のものと38%のものがあったのですが、私はかなり長時間パソコンやスマホを使うため、カット率の高い38%の方にしました。

種類も多く色もとりどりで、あれこれ楽しく試着した末に、薄いグレーのメガネを選びました。ドットの模様が入っていてとてもかわいいです。

レンズは少し黄色がかっています。実際に掛けてみると、やはり目元が少し黄色くなります。25%の方はそれほど色は感じなかったのですが、38%の方はパッと見て黄色いです。でも両方を試着して比べてみますと、やはり38%の方が効果は高く感じました。

実際にブルーライトカットメガネを使ってみた感想

お店で試着した時から、目のラクさに感動していたのですが、実際に家に帰って来てこのメガネを掛けながらまさに今パソコンで作業をしていて、かなりの効果を実感しています。

メガネを掛けた瞬間から、目に入る光の強さがワントーン低くなるのを感じます。視界がやわらかくなるというか、とにかく目がラクなのです。

たまにメガネを外して画面を見てみると、とてもチカチカして眩しく感じます。昨日まではこのチカチカ画面で作業をしていたのかと思うと、目に申し訳ないくらいです。

 

まとめ

ブルーライトがどういうものなんて厳密なことは私には分かりませんが、実際にブルーライトカットメガネを掛けてこれだけ目がラクになるのですから、ブルーライトが人の目に与える影響は思いのほか大きいのだと思います。

今はパソコン画面に貼るブルーライトカットシートなどもありますが、とにかくブルーライトを遮断することが目にいいのは確かですね。

値段も私の買ったものは3900円と、それほど高くもありませんし、どうやら100均でも売っているらしいので、目が疲れやすく悩んでいる方は一度試してみるといいかもしれません。

私もしばらくこのメガネを使い続けて、目の疲れがどのように変化していくか経過を見守りたいと思います。

 

それではまた。