Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
体・健康

汗かきさんの熱中症対策

 

DSC_4892

こんにちは、sioriです。
毎日暑いですねぇ。特に湿度が高い日は空気がムンムンとして必要以上に汗をかいてしまいます。

最近は後頭部にやたらと汗をかくようになりました。それもダラダラと、とめどなく流れてくるので、あっという間に髪の毛がビショビショに濡れてしまうほどです。

昔はこれほど汗かきでは無かったですし、汗で悩んだことなど無かったのに、この年になって異常なほどの暑がり&汗かきになってしまい、この季節は日々汗との闘いです。人前だろうが処かまわず溢れるように汗をかくので、お化粧はすぐに崩れるし服には汗ジミが出来てしまうし、とても恥ずかしいのですが、努力で止められるものでもないので、どうにも対処できません。ヘタをすると熱中症を引き起こしかねないので、暑い日の外出は必ずスポーツドリンクを持参するように心掛けています。

 

熱中症はどのように起こるのか

汗をかくと、身体から水分塩分、ナトリウムやマグネシウムなどのミネラルが失われてしまいます。また温度の高い場所に長時間いると、人間の持つ体温調節機能が正常に働かなくなり、目まい、吐き気、頭痛、けいれんなどの症状を引き起こしてしまうのが「熱中症」です。

6cde44e55b80ee638aef77bdc35d76d0_s

私も、熱中症になりかけたことが何度もあり、日々対策は万全にして出かけるのですが、ここ近年の暑さは本当に異常!いくら気を付けていても特に湿度の高い日にはいまだに危険を感じます。

訪問サービス系の仕事をしていますので、移動中は炎天下の中を歩くこともありますし、訪問先のお宅にクーラーが無い、あっても付けない人も割といるので(信じられないことですが)、仕事の日はまさに一日中、服が乾く暇もないほど汗をかいています。と言うか、服なんて文字通りグッショリになるので、着替えは必須なのです。

 

熱中症にならないための対策

私がやって効果を実感しているのが、ありきたりですが以下の3点です。

1.水ではなくスポーツドリンクを飲む 
2.首を冷やす 
3.日傘などを利用してなるべく直射日光に当たらない

特に、1はとても重要です。汗を大量にかいた時に水分だけを補給してしまうと、血液中のナトリウム濃度が低下してして電解質のバランスが崩れ、熱けいれんを引き起こしてしまう事態もあり得るからです。また、水分塩分が不足することにより脱水症状を起こしてしまいます。なので、大量に汗をかいた時は水でなく、塩分やミネラルを効率よく含んだスポーツドリンクを飲まないと危険です。

また、熱中症にならないためには身体を冷やすことも大事です。には太い血管が通っているようで、首を冷やすことによって冷やされた血液が全身をめぐり早く体を冷やすことが出来るそうです。今は「首用アイスノン」などの商品も出ており、私もこれを使っています。火照った身体を早く冷やすには、首を冷やすのがオススメです。

↓こんな感じのです。私が使っているのとメーカーは違いますが、これもなかなか良さそうです。

 

次に、直射日光を避けるという話です。直射日光を浴びた肌はジリジリと日焼けし、そのまま浴び続けるとそのうち皮膚が炎症を起こして真っ赤になってしまいます。直射日光というのはそれほど強いものなのです。それを何も保護せず直接頭から浴びるなんて、恐ろしいことだと思いませんか。

また、車も日陰に駐車していた場合と、炎天下に駐車していた場合では、車内の温度はかなり違います。身体に直射日光をそのまま浴びると、体温が上昇し熱中症を引き起こしやすい状態になりますので、出来るだけ帽子や日傘で防備して日光を浴びないように気を付けた方が良いです。

 

まとめ

とにかく一番大事なのは、「汗をかいたら、スポーツドリンクで水分補給をし、早く身体を冷やす」ことです。外出時には、スポーツドリンクは持参出来ても首を冷やすというのは難しそうです。そこで、保冷材をミニタオルに包んで鞄に入れておき、汗をかいてきたらタオルで汗を拭きつつ保冷材で冷やす、というのはどうでしょうか?これなら見た目にも不自然な感じはしません。

それから、たまにいるのですが、頑なまでにクーラーを付けないという人。こういう人にはいくら熱中症や脱水の危険を説明したところで、「これまでだって自分はクーラー無しでやってきた。」と頑として聞く耳を持ってくれません。もちろん本人の意思なので仕方ないのですが、最近、自宅で熱中症になり亡くなる方も多いですから、いくら本人が平気と言ってもやはり心配です。

こういったケースは比較的お年を召した方に多いのですが、でも昔とは暑さの質も変わっていますし、何より平均気温がこうも上がって来ているので、去年までは平気でもこれからも平気とは限りません。年を取って体力も落ちて行きます。クーラーを目の敵にせず、うまく利用しながら快適な暮らしを送って欲しいものです。

 

↓夏の水分補給、私はグリーンダカラ派です^^

 

↓前をリボンで結べるタイプは、仕事中も落ちてこなくて便利そうですね。