Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
思うこと

車の運転中に心掛けていること|なるべくイライラしないで済むために

 
 こんにちは、sioriです。

 仕事や日々の用事で、ほぼ毎日 車を運転します。車を運転していると、実にイライラすることが多いです。イライラすると視野が狭くなり注意力が低下しますので、何か起こった時に咄嗟の行動が遅れるなど、運転に悪影響を及ぼしてしまいます。少しでもイライラを減らし、安全で快適な運転をするために、私が心掛けていることを書いて行こうと思います。
 

運転中のイライラの原因

 運転をしていて一番頭に来るのが、「ウインカーも出さずにいきなり車線変更をする人」。ビックリするし、とても危ないです。周りが見えていないんでしょうか。タイミングが悪ければぶつかる危険も大いにあります。

 次に、「周囲の流れを無視した異常なほどのノロノロ運転」です。これはけっこうな確率で遭遇しますし、イライラ度はかなりのものです。とにかくスピードが異常に遅く、制限速度を常に10キロ以上下回るような具合です。田舎なもので一本道が多く、簡単に追い越しも出来ませんし、後ろもすぐに繋がって渋滞になってしまいます。
 
2608f9925132702f60dd2d5446a374c4_s
 

 時間で行動する仕事なので、こういう車に当たってしまうといつも次の仕事に遅刻するのではないかとハラハラしてしまいます。追い越し可能な道では、隙あらば追い越そうとチャンスを伺いながら運転するのですが、これで見誤って事故でも起こしたら泣くに泣けません。

 他にも、「強引な割り込み」「青になったのに走り出さない前の車」(おそらくスマホ等を見ていて)、「ハザードランプを点滅させずにいきなり道の途中で停まる車」(停車するの?しないの?)などなど、運転中は本当にイライラすることばかり!私が特別短気なのでしょうか?もっと気持ちに余裕があればこれほどイライラしないのかもしれませんが、仕事が絡んでいるのでそうも言っていられません。

 

マナーを守らない人は大勢いる!ここをしっかり覚悟しておく

 残念なことですが、運転マナーを守らないドライバーは大勢います。ドライバーだけではありません。周りを確認せずに急に道に飛び出して来る歩行者や自転車にもしょっちゅう遭遇します。いくらこちらがルールを守って走行していても、相手がルール違反をしたら、事故に巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

 正直言いまして、これまでヒヤッとしたことは何度もあります。これまで事故もなく無事に過ごせて来たのはただ運が良かっただけなのではないかと思います。世の中には様々な人がいて、あちこちでつまらない争いが絶えませんし、それは車の社会でも同じです。車の場合、常に命の危険と隣り合わせなので、自分の身を守るために普段から危険を防ぐ工夫や努力をすることが大切です。マインドの面では、とにかく「マナーを正しく守る人ばかりではない、無茶な運転をする人も、車を見ていない歩行者もいる、常に周りは危険だらけなのだ」と、しっかり覚悟をしておくことです。
 
b8eae1ea45ce3978324c108fec677ecd_s
 

 脇を走っている自転車は、いつフラリと車道側に倒れ込んでくるか分かりません。左の道から出て来た歩行者は、こちらの車に気付かずそのまま目の前を横断してくるかもしれません。運転中にこんなことばかり考えていたら疲れてしまうかもしれませんが、常にアンテナを張っておき、咄嗟の出来事に即対応できるようにしておけるのが理想です。

 何が起ころうと「想定内」にしておけば、事故の可能性はそれだけ低くなります。心の準備をしておき、相手の不注意や時には嫌がらせであっても、即座に対応できる幅を持つことで、心にも余裕が生まれイライラもそれほど大きくならずに収まるかもしれません。

 

仕方のないことは諦める。イライラをそれ以上募らせない

 先ほどのノロノロ運転の話ですが、危険な暴走運転も迷惑ですが、あまりのノロノロ運転も問題だと思うんですよね。道路は公共の場所ですから、いくら速度制限内のスピードであっても、周りの車の流れを乱すような運転は逆に危険を招くことになりかねません。

 とは言え、ノロノロ運転をする側には多分そうするだけの理由があるわけで、周りに迷惑を掛けているとはいえ、速度違反はしていないわけですから、どうすることも出来ません。遭遇してしまったら運が悪かったと諦めて、その車と離れられるまで辛抱強く待つか、タイミングを見て自力で離れるしかありません。

 追い越しをする際には、イライラは一時完全に忘れ、仕事のことも忘れ、とにかく「安全に追い越すことだけを考える」ことが大事です。
 

基本的に「譲る」という精神でいる

 割り込みなどに関しては、基本的に「譲る」という姿勢でいます。相手のためというより、自分の安全のためです。基本的というか、これはもう「いつでも100%譲る気持ち」でいます。割り込みだけでなくあらゆる場面で、車とかち合ってしまった時には相手に先に譲ろうと心に決め、実際そのように行動しています。すれ違いが出来ない道でかち合ってしまった時も、状況的に無理のない範囲で、私の方がバックして道を開けるように心掛けています。(例えば相手が1来ていて、こちらが9進んでいた場合などはさすがに別ですが。5:5だったら私から下がるようにしています。)

 自分から先に譲ろうと心掛けていると、無駄なイライラもありませんし、むしろ相手側からお礼の挨拶をされたりして気分も良いです。自分でも良いことをしたと満足出来ます。それでロスする時間など、どちらが譲るかジリジリ睨み合いをしている時間に比べれば大したことはありません。
 
6e85772caf942f4122adfd6f9018cac8_s
 

 だいたいの場合、我を通そうとするから摩擦が生じるのです。相手に譲れば事はすんなりと運びます。感謝もされます。たまにお礼の挨拶もせずにただスーッと通り過ぎて行く車もいて、そういう時はさすがにムカっ腹が立ちますが。(寛大なのかそうでないのか分かりませんね笑)

 

良い人もけっこういる

 誰しも、道を譲られたりわざわざ停まって割り込ませてくれたりした経験があると思いますが、けっこうそういう良い人も多くいますよね。世の中捨てたものじゃないです。

 そんな時、どんな気分になるでしょう?コンビニの駐車場から出ようとしていて、しかし車が繋がっていて中々出られない時、一台の車が停まって「どうぞ」と合図してくれたら。

 やっぱりうれしいものですよね。ハザードランプを点滅させてお礼したくなりますよね。
 
a7ae358b240a2bcede6ec7daf4587ec4_s
 
 だから、自分もそうすることにしたのです。そのことで相手が感じる感謝なんて、小指の先ほどのほんの僅かなものかもしれませんし、5秒後にはもう忘れてしまう程度のことかもしれません。それでもその瞬間、お互いがちょっといい気分になれる、あの暖かい感じが好きなのです。

 

 どうしたって車に乗らないわけには行かないのですから、せっかくなら気分良く、そして安全に運転したいものです。上記のことを心掛け、これからも無事故で過ごして行きたいと思っています。