Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダイエット

糖質制限ダイエットに失敗した話

1475849576695

 

こんにちは、sioriです。

一年くらい前、どうしても痩せたくて「糖質制限ダイエット」に挑戦しました。

結果から言うと、2ヶ月で4キロ痩せました。
でも結局リバウンドして4キロ増え、元通りになってしまいました。

こんなに効果の出たダイエットは久しぶりだったのに、見事に挫折しリバウンドしてしまいました。

ここではなぜ私が糖質制限ダイエットを継続出来なかったのか、その話をしたいと思います。

 

糖質制限を始める

一年前、「糖質制限ダイエットをしよう!」と思い立ち、関連本を買ってネットでも色々調べ、さっそく取り掛かりました。

早く結果を出したかったので、とにかく「3食すべて糖質カット」、「間食もチーズかナッツ類のみ」、という生活を続けたところ、2週間くらいでストンと1キロ落ち、そこからは緩やかではあるけど順調に体重が落ちて行き、見た目もスッキリと変化して来て、「おお、やっぱり糖質制限ってすごい!!」と感激しました。

しかし、日が経つにつれ、糖質カット生活にだんだん飽きて来ました。

だって元々ご飯大好き、パンも大好き、パスタ、ラーメン、うどんなどの長いものも大好きなのに、それらが全部食べられなくなっちゃったんですから・・・。

それだけではありません。
焼きそば、たこ焼き、お好み焼きなどの粉ものに加え、カレーライス、オムライス、チャーハンなどなど、これまでの大好物がことごとく糖質なんです。

最初は「痩せたい」っていうモチベーションの高さで、すべてカット出来ましたが、だんだんそれらの食べ物が恋しくなって来てしまいました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

糖質カット食品を追い求める日々

「糖質制限していても、やっぱりパンもパスタもお菓子も食べたい!」

そう思って、ネットでいろいろ調べていると、何と糖質カットの食品がたくさんあるではないですか。
糖質カットパンも糖質カット麺も糖質カットパスタもあります。

中でもコンビニの「ローソン」では、糖質制限の商品が数多く置いてあることを知り、それ以来、頻繁に通うようになりました。

ケーキ屋さんの「シャトレーゼ」にも、「やさしい糖質生活」という糖質オフのシリーズがありまして、アイスやケーキ、パン、ピザなどたくさんの種類があるのです。

糖質制限をしながら、パンもパスタもアイスもケーキも食べられる!なんて素晴らしいんだ!と思って、とてもダイエット中とは思えないくらい色んなものを食べていました。

 

ダイエットには成功したけど・・・

そしてダイエット生活も2ヶ月に達し、体重もマイナス4キロとなりました。

目標体重まであと1キロとなり、見た目は本当に変わりました。

全体的に脂肪が落ちてスッキリした印象になり、鎖骨が浮き出て肩もかなり華奢な感じに。

このころになると、着られなくなっていた服が再びすんなり着られるようになり、きつかったブーツもスッと脱ぎ履き出来るようになりました。
毎日洋服を選ぶのがとても楽しかったです。

しかし、だんだん糖質カット食にも飽きて来ました。
やっぱり、総じて糖質カットのものって本家に比べて味気ないのです。

ある日、糖質オフのアイスを食べている時、なぜかとつぜん嫌気が差して、食べるのをやめてしまいました。
ただもう、「美味しくない」のです。

「なんでわざわざお金払ってこんな味気ないマズいアイスを食べないといけないんだろう?」

「どうせ食べるなら、ハーゲンダッツのコクのあるバニラアイスが食べたい!」

「人生は限られているのに、食べたいものも自由に食べられないなんて・・・」

なんだかムシャクシャして来て、糖質制限が嫌で嫌で仕方なくなってしまいました。

だからと言って糖質を再び摂り始めれば、すぐさまリバウンドしてまた醜い体に逆戻りすることは目に見えています。

でも、糖質オフアイスを食べながら、「理想体重を保つために、こんなものをこれから一生食べ続けなくちゃいけないなら、もうデブのままでいいから、自由に好きなものを食べたい!本当に美味しいものを食べたい!」そう思いました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

糖質制限ダイエットのその後

こうして、私はこの日を境に糖質制限ダイエットを辞めてしまいました。

でも、いきなり全部元の食事に戻したわけではなく、とりあえず夕飯では糖質を摂らないことにし、他では普通に食べることにしました。
お菓子はすべて解禁したけれど、今度はちゃんとカロリーを考えて、食べ過ぎないように気を付けようと思いました。

しかし、2ヶ月も糖質制限をしていた体は、急に解禁された糖質をまたたく間に吸収しまくり、あっという間にリバウンドしてしまいました。

今現在、4キロ増でまったく元通りです。
ガッカリです。
あのダイエットの日々はいったい何だったのか。

でも、今はパンもパスタもご飯も麺類も、好きなものを食べられるので幸せです。
やっぱり「食」って生きて行く上でとても大きな楽しみですから。

とは言え、体重の増加と共に体型も元通りになってしまい、見た目は今後ほかの方法でどうにかして行かないといけません。

今はスクワットを毎日しており、他にカーヴィーダンスの体操も取り入れて体を引き締めることに専念しています。

ウォーキングを趣味としてますが、夏の間は暑くて少しサボり気味だったので、これからもう少し涼しくなって来たらもう少し本腰入れてガシガシ歩きたいと思います。

 

 

まとめ

よく糖質制限ダイエットは、「食べることを我慢せずにラクに痩せられる」と言いますが、私にはけっこうなストレスでした。

チーズ、ナッツ類、ダイエット中のおやつとしてよく食べましたし、肉類、魚類、大豆製品は、確かにいくら量をたくさん食べても太りませんでした。

でも、やっぱり「食べられるものを制限される」っていうのが、私にはものすごく窮屈に感じたし、食べられないものへの欲求がさらに強まって、それを我慢するのが大きなストレスでした。

それなら、カロリー制限はあっても、好きなものを何でも食べられるっていう方がずっといいです。…と言いつつ、カロリー制限も出来ていないからリバウンドしたわけですが・・・。本当にダイエットって難しい・・・。

ただ、エクササイズなどの運動をすると体重は減らなくても体型に効果は出るので、とりあえず体を引き締めてたるみを防いで、あとは食事とウォーキングで何とかしたいと思います。

糖質制限についても、完全ではなく夕飯だけご飯カットとか、昨日はケーキを食べちゃったから今日は主食抜きにしようとか、これからもゆる~く取り入れては行こうと思います。

 

それでは、また。