Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
体・健康

歯磨き粉を使うのをやめました|何も付けずに歯磨きをするメリット

smile-191626_640

 

こんにちは、sioriです。

実は、私は歯を磨く時に歯磨き粉を使いません。

そう、何も付けずに歯を磨くんです(!)
磨いている間に唾液がたくさん出て来ますが、実はその唾液の中にはもともと殺菌・抗菌作用を持つ物質が含まれているのです。わざわざ歯磨き粉を使わなくても、唾液で磨くだけで洗浄効果は十分なんだそうですよ。

 

市販の歯磨き粉は危険な成分が入っているんです

前から市販の歯磨き粉はあまり好きではありませんでした。私は口腔内の粘膜が弱いのか、普通の歯磨き粉はヒリヒリして痛く感じるんですよね。(私だけですかね?)それに、体にあまり良くない成分が入っていると言う話も聞き、ますます「嫌だなぁ~」と思っていました。

特に気を付けたいのは、ラウリル硫酸ナトリウム という成分です。これは泡立ちを良くする合成界面活性剤です。この「ラウリル硫酸ナトリウム」には発がん性があるなどと言われてますが、中には「まったく問題ない」と言う人もいて、実態は分かりません。(一応、1970年代に厚生労働省によって綿密な試験が行われ、発がん性は否定されているそうです。)

ただ、強い刺激性があることはデータで示されているらしく、とにかく脱脂力が強く、また「たんぱく質変性作用」を持つため、皮膚を荒らしてしまうそうです。

たんぱく質変性作用とは何ぞや? ということで調べてみたところ、ざっくり言えば、私たちの皮膚はたんぱく質で出来ているため、界面活性剤の「たんぱく質変性作用」によって皮膚が荒らされてしまうのだそうです。

「たんぱく質が変性する」ということは、「たんぱく質の構造が変わり元の機能を失う」ということ。こうなるともう元の姿には戻れないそうです。

分かりやすい例は「卵」。茹でると「ゆでたまご」になりますが、冷ましてももう「生卵」には戻りませんよね。

調べていて怖くなってしまいました。私が歯磨き粉を使うと口の中がヒリヒリするのも、きっとこのせいですね。たんぱく質が変性してるんですね。(恐ろしい…)

確かに泡立ちがいいとシャカシャカ磨けて気持ちいいですが、そもそも歯磨きをする一番の目的は、「歯と歯茎の汚れを取ること」。わざわざそんな危険な成分を混ぜてまで泡立ちを良くしてくれなくてもいいのに…。

【スポンサーリンク】

 

 

そして、歯磨き粉を使うのをやめました

もともと好きじゃなかった「歯磨き粉」。
「唾液」に洗浄力や抗菌・殺菌作用があるなら、わざわざ歯磨き粉を使うこともない、「唾液」で磨けば安全でお金もかからないじゃないか!ということで、さっそく歯磨き粉とオサラバしました。

ちなみに、家族にも勧めてみましたが誰も乗ってくれず、「唾液で歯磨き」の実行者は私ひとりです^^;

そうですよね‥‥‥確かにちょっと印象良くないですよね…。「本当にキレイになるの?」とか「臭うんじゃない?」とか思いますよね。そこで、「唾液で歯磨き」を実際にやってみた感想を述べて行きます。

 

唾液で歯を磨くと・・・

一番心配していたのは、「におい」です。

歯磨き粉で磨いた後のあのペパーミントの爽やかな残り香は、歯磨き後を付けないのでもちろん一切ありません。正直「におってしまうんじゃないかな…」と思っていました。「口臭がしたらどうしよう」と。

でも、その心配はまったく無し!
自分でも臭わないし、家族に聞いても大丈夫でした。考えてみれば、歯磨き粉の良い匂いだってしばらくすれば消えちゃいますしね。

 

e02328c230b5b52f7219f8f96ec927af_s

 

次に、「本当に唾液だけで汚れが落ちるのか?」という疑問について。

はい、落ちます。
むしろ、余計な泡など無い方が、歯ブラシの毛先をよりダイレクトに感じて、ちゃんと磨きたいところをしっかり磨けるような気がしました。歯医者の定期点検にも行ってますが、毎回「キレイに磨けています」と言ってもらえてます^^

ただ、湯のみに付く茶渋のように、ちゃんと磨いていてもコーヒーや紅茶などを飲み続けることで少しずつ色素が着色してしまう場合もあるので、気になる時は個別ケアで対応する必要があります。
・・・が、これは歯磨き粉を使っていてもなりますもんね。私はそんなに気にならないのでホワイトニングは一度もしたことないんですが、一体どれだけ白くなるのか一度やってみたい気もします。

ただひとつ気になるのは、例えばコーヒーを飲んだ後すぐに歯磨きをすると、そのままコーヒーで磨いているような感じになります(笑)牛乳を飲んだ直後に磨くと‥‥‥カレーを食べた直後に磨くと‥‥‥あまり想像したくないですよね^^;
その点、歯磨き粉なら、一瞬で口の中を歯磨き粉で満たすので、直前に食べたり飲んだりしたものが気になることはあまりないかと思います。

そこで、何も付けない場合は、歯磨き直前に「うがいをする」。これで解決です。
でもカレーなど味や香りが強烈な場合はどうだろう…。その場合はちょっと時間を置かないとキツイかもしれません(笑)

 

まとめ

臭いも無い、汚れも落ちる、ヒリヒリした刺激も無い、何より安全、しかも経済的、と、本当に良いことづくめの「唾液で歯磨き」。なぜこれがもっと世間に浸透しないのか不思議です。

歯磨き粉なしでも、ちゃんとツルツルになりますし、臭いもありません。危険な成分が怖いなら「石けん歯磨き」などもありますが、何も使わなくても問題ないので、私にはこれで十分なのです^^

気になる方はぜひお試しあれ。

歯磨き粉をやめれば、洗面所の棚にも旅行用ポーチにも、その分の空きが出来ますよ。