Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
体・健康

老眼は予防できるって本当?おきゃんママの顔ダンスで老眼予防体操をやっています。

 

こんにちは、sioriです。

私は今年で46才になりました。そろそろ周りの同年代は、ちらほら「とうとう老眼鏡を買ったわよ・・・」と言う人も出て来て、ああもう私たちもそんなお年頃かぁ~としみじみ感慨に耽るここ最近。

私の夫は今50才ですが、ちょうど今の私と同じ46才あたりから「近くが見えづらくなって来た」と言うようになりました。今は遠近両用メガネをしていますが、どうもしっくり来ないらしく、今も快適な視界を探し求めて、試行錯誤の日々であります。

 

で、実は、私がおととしくらいからアンチエイジングのために密かに日課に取り入れた、おきゃんママ顔ダンスというものがあるんですが、これはいわゆる「顔の筋トレ」でして、顔も体と同じように、「日々がんばって筋肉(顔の場合は表情筋ね)を鍛えれば、引き締まったシャープな顔が手に入りますよ」というトレーニングなのです。

 

1475556633743

 

本当は毎日するのがいいらしく、私も始めた当初はがんばって毎日お風呂の中でフルバージョンやっていたんですが、やっぱり毎日は大変、、、ということで、せめて2日に1度はやろうと心に決めたのですが、それも最近はあやうく、、、。せめて3日に1度はノルマにして頑張ろうと奮闘しているところです。

そんな調子でゆる~くやっているにも関わらず、ちゃんと効果を感じるんです。もっと真面目に毎日やればさらに効果は大きいんでしょうけど、3日に1度でもやらないよりずっとマシです。

一番感じた効果は、「頬の位置が上がる」。これです。
おきゃんママもひたすら「頬の位置を高く持ってくる」というのがポイントだと説いておりまして、とにかく若く見えるには「頬の高さ」がなにより肝心だそうです。

 

 

老眼を予防するトレーニング

そしてなんと、その「顔ダンス」の体操の中に、「老眼を予防する」という項目があるんです。

目の前で人差し指を立てて、その指をゆっくり遠くへ話したり近くへ寄せたりといった簡単なトレーニングなんですが、ようは目の焦点を、遠くと近くに交互に移動させることで、目のピントを合わせる筋肉を鍛えるということらしいです。

どうも、年を取るとそのピント調節の機能が衰えるらしく、それで近くのものに焦点が合わなくなってしまうのが、いわゆる「老眼」なのだそう。

そして、日々上記のようなトレーニングをして、意識的に遠くや近く、色んな場所へ焦点を合わせて目の筋肉(正しくは「毛様体筋」というらしい)を鍛えることで、筋がほぐれ、老眼になりにくくなる、ということらしいです。

実際、おきゃんママはこの「老眼予防体操」で、もう50才を超えているのにいまだ老眼の症状は出ていないそうです。すごいですよね。努力の賜物ですね。

 

最初は半信半疑だったんですが・・・

私も、顔ダンスの一連の体操の中にこの「老眼予防体操」も組み込まれているので、何となくやってはいましたが、最初は実のところ半信半疑でした、、、。(おきゃんママさんごめんなさい^^;)

だって、「老眼」と言ったら、ある一定の年になればもう誰も抗うことの出来ない必然の老化現象だと思って、「仕方のないこと」と最初から諦めてる部分があるわけです。まさかこんな短時間のちょこちょこっとした体操とも呼べないようなトレーニングで、世の「中高年たち」のほとんどを悩ませている「老眼」を簡単に予防することが出来るなんて。

でも、つい先日、とある健康系のバラエティ番組で、これとまったく同じことを取り上げているのを観ました。

ようするに、近くに焦点が合わなくなったのが「老眼」であり、トレーニングによってピント調節機能を回復させれば「老眼」を予防したり症状を遅らせることが可能、だということです。

おきゃんママの言っていることと同じだ!と、感激してしまいました。

なので、この体操が老眼予防に効果があるというのは、かなり信ぴょう性がありそうです。そのテレビを観て以来、ふたたびおきゃんママの顔ダンスに真面目に取り組み始めました。(特に老眼予防体操は念入りに)

まだ今のところ老眼の症状は出ていないし、目の筋肉を鍛えることで少しでも老眼になる年を遅らせようと、奮闘中であります。もちろん、他の体操もがんばって、顔のたるみとも闘わないといけませんけど^^;

 

最後に

人間の体ってすごいですね。若い人でも使わなくなると一気に衰えるし、しっかり使い続けていれば、おじいちゃんでも筋肉モリモリな人もいるし。

ある程度まで年を取ったら、見た目にその人の生き方が表れるっていうのは、本当にその通りなのだと思います。

いつまでも老い知らず、とは行かないでしょうが、せめて自分の今の姿を誇れるような、そんな生き方をして行くのが理想ですね。
それでは、また。