Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
方法について

「肌断食」は一歩一歩、段階を踏んで取り組むのがオススメです|宇津木式スキンケア

こんにちは、しおりです。

私は、すべての化粧品をやめるという「宇津木式スキンケア」を実践しています。

宇津木式スキンケアでは、化粧水も乳液もクリームも使わず、いっさいの保湿ケアをしません。
極度の乾燥肌だった私ですが、宇津木式スキンケアを続けていくにつれて肌状態がどんどんよくなり、もう今は真冬でも何も付けずに過ごせています。
ですが、始めた当初はそうではありませんでした。

いきなり保湿をやめてしまったことで、乾燥によるカサつき・皮むけ・引きつり・ごわつきなど、さまざまな不快な症状が現れてとても辛く、本当にこのままケアを続けていいのだろうか?もっと悪化してしまったらどうしよう?などと悩むことも多かったです。

とはいえ、宇津木式スキンケアを始めるとニキビや吹き出物がでたり、角栓が発生したりと、さまざまなトラブルに見舞われる人も多く、私の場合は乾燥以外のトラブルはほとんどなかったので何とか挫折することなく続けることができました。

思い返してみると、私の場合はある日いきなり宇津木式スキンケアを始めたというわけではなく、その前にあれこれと段階を踏んでいたことに気付きました。
もしかしたら、そうして1歩ずつゆっくりと肌断食に取り組めたのが成功の理由なのではないか?と思い、同じように宇津木式スキンケアに取り組む人の参考になれば……とこの記事を書くことにしました。

今回は、ひどい乾燥肌だった私が、いったいどのような過程を経て宇津木式スキンケアに成功したかについて書こうと思います。

ひどい乾燥肌に悩んでいた時期

宇津木式スキンケアを始める前、私は超がつくほどの乾燥肌でした。

油分の多いクリームを塗っても塗っても、すぐに乾燥してカピカピになってしまう……。
いっそのこと油そのものを塗ってはどうか?と、DHCの「オリーブバージンオイル」を塗りたくっても、次の朝起きると粉が吹いている……。
私の20代の頃の肌はそんな状態でした。

頬っぺたや口周りがカピカピして引きつる感じがすごく嫌で、この乾燥肌を何とか出来ないものかと本気で悩む日々。
こんなに念入りにお手入れをしているのに、なぜ私の肌はこれほど乾いてしまうのか……。

かたや、何のスキンケアもしていない私の夫の肌はまったく乾燥していません。
なぜこれほど念入りに保湿している私の肌がこんなにカサカサで、何もしていない夫の肌がほどよく潤っているのか、本当に不思議でたまりませんでした。

肌が乾燥する本当の原因は……?

その後、インターネットでいろいろ調べ、特に「アットコスメ」などの美容サイトを熟読し、その口コミの中からどうやら油分を補い過ぎることが肌の正常な新陳代謝を邪魔しているらしい、ということを知ります。

肌が乾燥するから「油分を補わなくては」とクリームやらオリーブオイルやらを塗りたくっていましたが、実はそれは逆効果で、肌を怠けさせる原因になっていたのです。

健康な肌であれば、皮膚に油分が足らなければ自然に皮脂が分泌されます。
しかし、外からクリームだのオイルだのと次々いろんなものを付けていたら、「油分は足りている」と判断されて皮脂が分泌されなくなってしまうのです。

乾燥肌とは、外からあまりに過剰に油分が補われ過ぎて、分泌される皮脂の量が極端に減ってしまっている状態だったのです。

そして、化粧水のみのお手入れを開始

「なるほど・・・!」と腑に落ちた私は、当時アットコスメで人気の高かった「ハンドクラップ」というお店の化粧水を試してみました。
このハンドクラップでは、もともと化粧水のみのスキンケアを勧めていたんです。

これまで、「化粧水→乳液→保湿クリーム」の流れがスキンケアの基本だと信じて疑わなかった私には、こんなふうに「化粧水だけ」というやり方を勧めているところがあること自体、とても驚きでした。

ハンドクラップの化粧水は一つ一つが個包装になっています。
1回に1袋を使うのですが、容量がかなり多いので何回か手のひらに取って念入りに肌に重ねづけしていく感じになります。

乾燥が特に酷い人には、化粧水に混ぜて使う「美容液」がありまして、私も最初だけはこの美容液も一緒に買ったんですが、そのおかげで最初からあまり肌が乾燥することがありませんでした。
化粧水にも美容液にも油分が入っていないのに不思議なんですが、たくさんの量を肌に吸い込ませるからなのか、本当にこんなにラクでいいの?と思ってしまうくらい、ほとんど苦もなく脱油分を果たせました。

次の購入からは美容液はもう必要ありませんでした。
私の肌はもう化粧水だけで十分乾燥を防げるようになっていたのです。

「天使の美肌水」を5年間使用

ハンドクラップの化粧水のみというお手入れを数か月続けたのですが、ハンドクラップの化粧水は1カ月分が3000円以上と、これからも続けて使っていくにはすこし予算が掛かり過ぎるのが気になっていました。

そんな時、再びアットコスメで、このハンドクラップの化粧水と似たような成分で作られているという「天使の美肌水」という化粧水を知ったのです。
その後、宇津木式に出会うまでの約5年、ずっとこの天使の美肌水にお世話になったのでした。

この商品、「しっとり 」と「さっぱり」のタイプがあり、どちらも310ml入りと大容量でお値段たったの700円ちょい。
もう遠慮なくジャバジャバ使えます。
※今は「超しっとり」タイプも出ているようです。

私は冬場は「しっとり」、それ以外の季節は「さっぱり」を使っていました。
この化粧水に切り替えた初めの頃はすこし乾燥が気になりましたが、量をたくさん沁み込ませることで何とか凌ぎ、だんだん少ない量でも平気になって行きました。
最後には一年中「さっぱり」タイプで過ごしていました。

そして、宇津木式スキンケアへ

こうして「化粧水のみ」のお手入れを何年も続けていたため、「何も付けない宇津木式スキンケア」に移行するのも簡単だろうと思っていましたが、実際はそんなに甘くはありませんでした。
乾燥、すごくしまして・・・辛かったです。
ちょうど冬だったので余計に辛かったのだと思います。
もっと始める時期を選べば良かったんでしょうが、思い立ったらすぐに挑戦したいタチなので、仕方ありません。

どのくらいで乾燥しなくなったのか、ちょっと定かな記憶が無いのですが、でも乾燥に耐えて「何も付けない」を続けていたら、ちゃんと自分の皮脂だけで潤うようになって来ました。
「本当に何も付けなくても大丈夫なんだ」と驚いたものです。
肌の持つ力ってすごい、と感動しました。
長年あんなに熱心にお手入れして来たのに、一体なんだったんでしょうね?

スキンケアで効果を感じたので、その後「湯シャン」も取り入れ(こちらは自己流が入ってますが)、今に至っています。

宇津木式スキンケアは段階を踏んで取り組もう

いきなり「何も付けない」を実行してしまうと、あまりの酷い乾燥に挫折してしまう可能性もありますが、こうして段階的に進めていけば、肌もゆっくり慣れて行くので、それほど苦しまずに肌断食に成功出来るのではないか?と思います。

私は肌断食に出会ったのが遅かったので、たまたまこういった経路を辿ったわけですが、おそらく上記の「ハンドクラップ」や「天使の美肌水」を経ていなければ、いきなり宇津木式に移行しようとしても無理だったかも・・・という気がします。

なので、私のおすすめの手順は以下になります。

  1. まずは保湿クリームやアイクリームなど油分の高い化粧品をやめる
  2. 肌が慣れてきたら乳液をやめて化粧水オンリーにする
  3. 化粧水をやめていっさいのスキンケアを絶つ

段階ごとに、しっかり肌が順応してなんのトラブルも出ないことを確認してから次のステージへ進む感じです。
やはり、フルケアの状態からいきなりすべてのスキンケアを絶ってしまうのはトラブルの元になりますので、徐々に肌を慣れさせていくのがベストかと思います。

私には13歳の娘がおり、まだ子どもなのでもちろん何のスキンケアもしていませんが、今後も肌には一切何も付けないようにねと言ってあります。
せっかく「何も付けなくても潤う肌」をすでに持っているのに、それを失ってしまうのはもったいなさ過ぎますから。

最後に

どうしてこんなに基礎化粧品が世の女性に浸透してしまったのか不思議です。
スキンケアなんてしなくてもぜんぜん平気だし、むしろ何も付けない方が肌は健康でいられるのに。

化粧品会社の宣伝効果なんですかね。
あれだけ宣伝されれば誰だって「私も使わなくちゃ」と思ってしまいますもんね。
あれを使えばシワやくすみが取れるんだと思えば、高くても欲しくなりますもんね。

でも!
いつも書いていますが、いくら栄養たっぷりの高級クリームでも、自分の分泌する皮脂には敵いません。
化粧品に頼らなくてもちゃんと内側から潤うことのできる肌が、本来の健康な肌なのです。

健康な肌はシワもくすみもできない!とまでは言いませんが、化粧品を使っても使わなくてもシワやくすみにはあまり関係ないと思います。
私がそうですから。
むしろくすみは昔よりなくなって透明感が増しています。
肌もふっくら、触り心地も格段によくなりました。

スキンケアに関してはいろいろな意見がありますが、やっぱり私は、保存料や香料など肌に良くない成分を含んだ化粧品を使うよりも、「何も付けない」、これが正解だと思っています。

宇津木式で得られた効果についてまとめてあります。

保湿をやめたら肌が変わった!宇津木式スキンケアで得られた3つの効果 こんにちは、しおりです。 今わたしは、洗顔後のお手入れを一切していません。 石けんで洗顔し、タオルで水気を拭...