Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
その他

似合う服、定番服の選び方。私の服選びの基準はこんな感じです。

 

こんにちは、sioriです。

自分に似合う服、自分の定番とも言える服って、着ていると何かこう理屈ではない心理的な作用をもたらすものだなぁと最近思います。

着ていてしっくり来る、違和感が無い、不安が無い(安心する)、それを着ていればどこへでも出かけて行かれる、誰とでも会える(自信が持てる)、などなど。

たまにそのような体にも心にもぴったりフィットする服に出会うことがあります。それはもう直感的に「これだ!」と分かるのです。

 

7f41ebf7cc38f22f40ffcb42b0a7f119_s

 

しっくりこない服の理由

好きな色、好きな型(例えばトップスならVネックやハイネック、スカートならフレアやタイト、プリーツなど)、また自分に似合うはずだと思う色や形の服であっても、実際に着てみるとどうもしっくり来ない服があります。

それはおそらく着丈の長さや胸の空き具合などのほんの数センチの違い、ラインやカットの微妙な差など、けっこう取るに足らないと思ってしまいがちな細かいところが、意外に大きな違いを生み出しているのではないかという気がします。

例えば、スカート丈などはそれが顕著です。ほんの数センチであっても、膝が隠れる丈か、ちょっと見える丈か、完全に見える丈かによって、全体の印象がまるで変って来ます。

「30過ぎたら膝隠せ」なんて言葉を聞いたことがあります。今は30代の女性も充分若いので何とも言えませんが、私くらいの年齢(40代半ば)になると、確かに膝の見える長さのスカートはさすがに履けません。どう贔屓目に見ても、人様に披露できるような膝頭ではありませんし、膝が隠れた方が奥ゆかしさや品の良さが出ますので、せめて40代以降は膝は隠した方が全体のイメージが良くなるのは事実だと思います。

スタイルや雰囲気が良く見える絶妙の着丈感ってありますよね。それにスカートの広がり方やウエスト周りのラインなど、その微妙なニュアンスは、実際に身に着けてみないとはっきりとは分かりません。なので、やはり服は試着をしてから買うのが理想です。自分の体との相性は実際に着てみないと分からないからです。

 

 

スポンサーリンク


 

 

通販で洋服を買う場合

でも、通販で衣服を買う人も大勢いると思います。なかなか買いに行く時間が取れなかったり、小さな子どもがいて自由に出かけられなかったり。また、通販の方がわりとお財布にやさしいので、私もベルメゾンなど今もカタログを届けてもらってますし、肌着などはまとめ買いしたりもします。セールの時は半額などかなり安くなるので、セールになると傷んでいる肌着をチェックして買い足す習慣になっています(笑)

ただ、肌着はいいにしても、洋服を通販で買う時は、「自分に合うか合わないかは運だ」ということは念頭に置いて買うようにしています。素敵だと思って注文したのに、実際に届いた服が自分に似合わなかったり素材が思っていたものと違ったりしてガッカリした経験は一度や二度ではないからです。

幸い通販会社は、たいてい返品が出来ますので、運試しで買うのもアリだとは思いますが、私などは返品作業も面倒なので、通販で洋服を買うことは今はほとんどなくなってしまいました。ただメーカーもので、ある程度 着用感が想像出来たり、品質に信用がある場合はいいかもしれませんけどね。

 

 

スポンサーリンク


 

私が服を選ぶ基準はここ!

着る人の体型はそれぞれ、顔も違う、肌色も違う、身長が違えばウエストの位置や、着丈・袖丈の見え方も変わって来ます。やはり服を買う時は出来れば「試着して買う」のがベストです。

その時のチェックポイントとしては、まず「袖丈・着丈の長さ」です。ここが合わないと、まずその服を何度も繰り返し着ることはありません。私は前にも書きましたが身長が170センチもあり、一昔前は普通のレディースだと袖や着丈が短くて泣いたことが何度もあります。ロングスカートが流行った時には、他の女の子たちに比べてあまりにも裾がつんつるてんで悲しかったです・・。最近の服は長めに作られているように感じますが、それでも袖丈と着丈はしっかりチェックしますし、私にはどうしても譲れない部分です。

次に、上に書いたような「体にも心にもぴったりフィットする服かどうか」です。色や服の型より、今はこっちを重視するべきだと思うようになりました。ようするに「自分に似合ってるか、しっくり来るか、着ていて幸せか」ということです。

 

han0306-039-1

 

たとえ自分の好きな色やデザインの服でも、試着してみるとどうも落ち着かない、フィットしない、あまり幸せを感じない、という服もあります。そういう服とは縁が無かったということで、そこでお別れした方が良いです。(そういう服もこれまでは買っていたから、どんどん服が増えてしまったんですけどね・・)

 

似合う服、定番服とは、自分を引き立ててくれる服のこと

「似合う服」とか「定番服」というのは、それを着た時に自分のことを引き立ててくれる服なのだと思います。それは、自分の好み以前に相性の問題だと思うのです。

以前、パーソナルカラー診断の記事の中で、「好きな色」=「似合う色」とは限らない、と書きましたが、まさにそれと同じです。自分の意思や趣向とは関係なく、なぜか不思議と自分を綺麗に見せてくれる服というのが実際あるのです。

なので、「やっぱり定番は白シャツ」とか、「紺のアンサンブルが一番しっくる来るのよね」と、疑いもせずに思い込むのではなく、白シャツといっても白にも色々あるし素材もデザインも色々、手に取ったその白シャツは本当に自分にフィットする服なのか、自分を引き立ててくれる服なのか、そういった目線でチェックしてみると、また違った発見があるかもしれません。

 

最後に

地曳いく子さんの「服を買うなら、捨てなさい」を読んだ時もつくづく思いましたが、服を選ぶ時はこういった視点で厳しくチェックして、本当に自分に似合う服だけを揃えて行けば、お気に入り服だけのクローゼットにすることが出来るんだなぁ、と。

そして、地曳さんのおっしゃる通り、そういう服だけを着ていても全然OKなわけです。同じような服ばかり着るのも・・・・といって、わざわざ似合っていない服を着る必要など無いのです。

このような服選びをしていけば、余計な服を買ってクローゼットを無駄に膨らませることも、いざ着ようと手に取って「なんか違う」と顔を曇らせることも、出かけるたびに「着て行く服が無い!」と焦ることも、少しずつ減らして行けるのではないか・・・そう思いました。

生きている限り服は必要で、人は一生なにかしらの服を着て過ごすわけです。それなら、少しでも気分のよくなる服を着て毎日を過ごしたいし、服好きとしては自分の納得できる服を着て過ごす時間を大切にしたいなぁと思うのです。

これからは服をしっかり見定めて、自分にとって価値のある服だけを手元に置き、それらを大切に着ていきたいです。