Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
体・健康

去年は花粉症にほぼ一年中悩まされました。今年は何とか対策を練りたいと思います。

 

a766571f45dce0fe686cfcfd6bb4a9fd_s

 

こんにちは、sioriです。

20代の終わり辺りにとつぜん花粉症を発症し、それ以来20年近く「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」に悩まされています。

といっても、これまでは春のスギ花粉にのみ反応していたので、スギ花粉の時期が過ぎれば症状も治まってました。ところが去年はどうしたことか、スギ花粉の時期が終わっても一向に症状が消えず、夏の間も、そして秋になってもずっとくしゃみ連発の鼻水ダラダラな日々を過ごしていました。

「秋の花粉」にはこれまで反応したことは無かったのですが、あまりに辛くてたまらないので仕方なく耳鼻科を受診したところ、ろくに検査もせず「ああ、今ならブタクサだね~」と抗アレルギー薬を処方されました。

耳鼻科ってこちらから改めて申し出ないと検査をしてくれないものなんでしょうか?
ただ私の話を聞いて鼻の中を見ただけで簡単に診断されてしまったのがどうも腑に落ちないのですが・・・。

でもとりあえず薬をもらえたので、しばらくは薬を飲んで凌いでいたのですが、だんだん薬の効きが悪くなって終いにはまったく効き目が無くなってしまいました。

もう一度受診する気にもなれず、市販の鼻炎薬を買って、どうしても辛い日だけ飲むようにしていました。

ようやく12月に入って少し症状が落ち着いて来て、ああやっぱりブタクサだったのかな~と思い、とにもかくにもラクになってホッとしていたのですが、よく考えたらもうそろそろスギ花粉が飛び始める時期です。何となく最近またくしゃみが出るようになってきて、もしや既にスギ花粉が飛んでいるのでは?とびくびくしていたのですが・・・。

 

「花粉症カレンダー」で花粉の飛ぶ時期を調査

早速ググってみますと、こちらの花粉症ナビというサイトの「花粉カレンダー」に花粉の種類ごとの飛散時期が細かく載っていました。

見てみたところ、スギ花粉はすでに1月から飛んでいるようですね・・・。
ようするに、最近のくしゃみ鼻水はスギ花粉の可能性があると。
そして、このままスギ花粉シーズンに突入すると、私は12月の少しの時期を除いて、ほぼ一年中花粉症の症状に苦しんでいたことになるわけです。

なんてことでしょう・・・。
また去年のような苦しい日々を今年も繰り返すなんてもうウンザリです(泣)

これまでも花粉症の症状を改善させる方法をずいぶん色々試して来たのですが、一時的に効果があってもまた症状がぶり返したりして、これぞ!という方法がいまだ見つけられていません。

私が試したほかに何かいい方法がないか、改めて調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

対症療法よりもできれば根本から花粉症を治したい

「花粉症対策」としてちまたに溢れる情報は実にさまざまなものがあります。
グッズとしては、鼻スプレーやマスク、花粉症用のメガネ、鼻に塗る軟膏などたくさんありますが、私はそういった対症療法よりも出来れば体の中から根本的に治して行きたい、少しずつでも花粉症になりにくい体内環境を整えて行きたいと思っています。

・・・なんてエラそうなこと言ってますが、アレルギーというのはそうそう簡単に治せるものではありませんよね。花粉症に良いと言われている物をいくら試しても、てきめんに効いたという物はこれまで一つもありませんでしたから。

よく「花粉症対策」として言われているのが、ヨーグルトや青汁や甜茶ですが、どれも実際に試してみたことがありますがほとんど効果を感じませんでした。

 

解消とまでは行かなくても、それなりに効果を感じたもの

私がこれまで試した中で一番効果を感じたのは、「ヤクルト400」です。

ヤクルト自体はスーパーやコンビニでも売っていますが、「ヤクルト400」はヤクルトレディさんに配達してもらわないと入手できないため、手軽に試すというわけには行かないのが難点ですが、これを飲み始めた年は薬を飲まなくても大丈夫なくらい効き目がありました。

ただ、年々効き目が薄くなってるような気がするんですよね・・・。去年はこれを飲んでいても症状があまり抑えられず、結局耳鼻科へ行って薬をもらって来ました。

以前は毎日熱心に欠かさず飲んでいましたが、最近はそれほど真面目に飲まずつい冷蔵庫にため込んでしまうので、それがいけないのかもしれません^^;(でもそれなりに飲んではいるんですけどね~)

 
次に良かったのは、「ノアレ」という乳酸菌のサプリメントです。
→ ヤクルト Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒

やっぱり「乳酸菌」がいいんですかね。
このサプリメントも最初はよく効いて、ずいぶんリピート買いしました。でもやっぱりこれを飲んでも抑えられないほど症状がキツくなる日がだんだん増えて行って、今はヤクルトを取っているためこの「ノアレ」は飲んでいません。

でもAmazonの評価はすごく高いので、効き目を感じている人は大勢いるんだと思います。合う人には効果てきめんのようですが、中にはまったく効かないという人も。でも薬を飲むよりは体にいいと思うので、悩んでいる人は一度は試してみてもいいかもしれません。

アトピーに効いたというレビューもあるんですよね。
やっぱりアレルギーに乳酸菌はいいんですね。

 

ヤクルト Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒

 

花粉症を悪化させないために

 

258c63102bddf0ec66eb1c52c1a00060_s

 

おそらくですが、私が上記のヤクルトやノアレを飲んでも、最初は効き目を感じたのに徐々に効果が薄れて来たように感じているのは、私の生活習慣食事の内容が関係しているのではないかと思います。

思い返してみると、花粉症になった時期というのがちょうど出産時期で、初めての育児でストレスも多く、また慢性的な睡眠不足に陥っている頃でした。

色々なサイトで花粉症の原因などを調べてみますと、やはり「睡眠不足」、「ストレス」、「アルコールの摂り過ぎ」、「運動不足」など、生活習慣によるものが大きいようなのです。

ヤクルトやノアレを飲み始めた時は、最初はまったく飲んでいなかったものを急に飲み始めたので体の反応も出やすく、花粉症の症状軽減という効果が出たのかもしれません。
でもだんだん体が慣れて来ると、やはり日々の不規則な生活はそのままですから、いくら乳酸菌を摂ったところで焼け石に水でふたたび症状が出るようになってしまったのではないか、と。

「花粉症に良い」というものを摂るのはいいことですが、その効果を最大限に引き出すには、受け皿である体の環境をちゃんと整えて作用を受け入れやすい状態を作っておかないといけないのかなと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

「花粉症対策」を改めて調べてみましたが、私の知らない目新しい情報は見つかりませんでした。

結局、花粉症もアトピーと同じく普段の食事や生活習慣から発生している症状なんでしょうね。もちろんアレルギー体質というのはあると思いますが、普段の生活の仕方で多少なりともそれらを改善していくことは出来るんじゃないかと。

「睡眠をたっぷり取る」や「ストレスの解消」や「こまめな運動」など、よく言われがちで気休め程度にしか思えないそれらが、やっぱりアレルギーを発生させにくい体を作っていく基本なのだと思います。

「油」を控えるようになったらアトピーが軽減されたように、花粉症も案外そんな簡単なことで症状を軽くすることが出来るのかもしれません。というのも、仕事で接する80才以上の高齢者の中に花粉症で悩んでいる人はほとんどいない、という事実があるからです。(たまにいますけど)

※参考記事 → アトピーの原因と対処 → 私の場合

 

それを実際に目の当たりにしているので、彼らと私と何が違うかと言えば、やはり食事内容や生活習慣という線が一番濃いと思わざるを得ないんですよね。

味付けが薄めとか、洋菓子はあまり食べないとか、そもそも小食ですしね、それに生活の仕方もわれわれ世代に比べて皆さんゆったりしています。時間に追われることもあまりありません。

なので、乳酸菌をしっかり摂りながら、普段の生活をもっと健康的に変えていく努力をしなくてはいけません。それってけっこう大変だとは思うのですが、花粉症もかなりしんどいですしね・・・。あまり薬も飲みたくないですし。

今年のスギ花粉の季節は、それらを心掛けて生活していきたいと思います。