Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
宇津木式スキンケア

宇津木式スキンケアを実践している私が「メイク」について思うこと

 

こんにちは、しおりです。

今は「宇津木式スキンケア」という肌断食をし、メイクもシンプルになった私ですが、若い頃はゴテゴテに塗りたくるような派手なメイクをしていました。
好きなブランドがあり、よく仕事帰りにデパートの化粧品売り場に寄ってあれこれ物色したものです。

宇津木式スキンケアとの出会いによって、昔の用にあちこち塗りたくる過度なメイクはしなくなり、お化粧の力で自分をキレイに見せるより、素肌自体を美しくすることの方に意識が向くようになりました。

とは言え、女性とメイクは切っても切れない仲ですよね。ノーメイクはときに相手に失礼になることもありますし、最低限のマナーとしてのメイクは必要です。
なので、今の私は必要最低限のメイク品を使って、年齢相応に品よく見えるようなメイクを心掛けるようにしています。

この記事では、宇津木式スキンケアを実践している私が、どのように「メイク」に向き合っているか、くわしく書いてみたいと思います。
今のメイク法に疑問を持っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

【スポンサーリンク】

 

目元を派手に盛るメイクに違和感…

6f3281aa8b0c5b01f60b6d753be70690_s

 

メイクというのは流行があって、私がまだ10代だった1980年代の頃は、しっかり描く太い眉毛がものすごく流行っていました。
当時は、眉と唇がお化粧のポイントで、時間のない時でもとりあえず眉を引いて口紅さえ塗っておけば外出してもOKというような風潮がありましたが、今は逆に眉と唇は控えめで、代わりにアイシャドウやアイラインといった目元のメイクがどんどん派手になり、またチークもメイクの大きなポイントになっています。

とにかく「目元のメイクを際立たせる」傾向にあるのですが、その度合いが私の感覚から行くとあまりに過剰過ぎて違和感を感じてしまうほど…。
濃いアイシャドウやくっきりとしたアイラインのみならず、つけまつげやまつげエクステなども普通の女の子がメイク感覚で付けています。

出来上がった顔は、もはや素顔の面影がないほど別人ということも珍しくありません。
なぜこのように過剰なメイクをするようになってしまったのでしょうか…。

【スポンサーリンク】

 

あまりに過剰なメイクは魅力をダウンさせてしまう

こうしたメイクの流行はいつまで続くんのでしょうか。
まばたきのたびにバチンバチンと音がするんじゃないかと思うほどまつ毛を盛ってる人たちを見るたび、「このまつ毛がストレスにならないんだろうか・・・」と心配になってしまいます。

一方で、あまり派手なお化粧をしない「ナチュラルメイク」を支持する人も意外に多いようです。
私も、今は断然こちら派。
本来、自分に備わった自然な肌や顔つきを、メイクによって大きく変えてしまうことにひどく抵抗があるのです。
あまりに過剰なメイクを施した顔は、笑顔も何だか機械的で魅力的に見えないんですよね。

メイクによって女性の顔が映えるのは確かだとは思いますが、あまりにやり過ぎてしまうと人間らしさが失われてしまう気がします。

芸能人や有名人ならそれも必要かもしれませんが、私たち一般人がそこを目指してしまうと、派手なメイクだけが浮いてしまってその人ならではの魅力を消してしまうのではないでしょうか?

メイクの腕を上げるより素肌力の向上を目指したい

e09227888512bc96e3cef71c798371ed_s
今は、シミやくすみ、毛穴の開きなどの肌の悩みをうまくカバーする優れたファンデーションもたくさんありますが、私はメイクで美肌に見せるより、素肌自体をキレイにしていく方により興味があります。
そのため、スキンケアもそうですが、食事や生活習慣、睡眠など、トータルで肌に良い生活を心がけています。

元々はアトピー体質で市販の化粧品が合わないケースが多かったために、こうした方向に意識が向きやすかったんだと思いますが、その結果、宇津木式スキンケアに出会えたのだからむしろ良かったとすら思います。

合わない化粧品を何年も使い、吹き出物などのトラブルに見舞われていた若いころの自分の肌は、今思い出しても気の毒になります…。
でもそれが肌に良いと信じて、使い続けていたんですよね。

健康な肌はうすくパウダーファンデを付けるだけでとってもキレイです。肌の質感は女性にとってすごく大事ですが、優秀なファンデーションで作る質感より、素肌の持つ質感の方がずっと魅力的だと思うんですよね。

なので、鍛えるべきはメイクの腕より「素肌力」!
私はそう思っています。

素肌力を格段にアップさせる「宇津木式スキンケア」。
肌本来の再生力を引き出す方法です。

 

こちらで私のベースメイクを紹介しています。

あわせて読みたい
私のベースメイク。使っているのはこれだけ。|宇津木式スキンケア こんにちは、sioriです。 宇津木式スキンケアを実践中です。いわゆる「肌断食」です。基本的に「洗顔や入浴後のスキンケアを...

 

宇津木式スキンケアの詳しいやり方はこちら

あわせて読みたい
宇津木式スキンケアの正しいやり方|極度の乾燥肌からうるおい肌へ こんにちは、しおりです。 私は、「宇津木式スキンケア」という肌のお手入れをしています。 宇津木式スキンケ...