Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
人間関係

【40代主婦の悩み】ランチに行く友達がいない。孤独感や淋しさとどう付き合うか?

 

acad6fbc181aede6ad8e3b799542302b_s

 

女性も40代半ばを過ぎると子どもも成長して、だんだんママ友との関係が薄れていきますよね。

世の40代の主婦の中には、だんだんママ友同士で出かけることも減り、交友関係が途絶えて、淋しさを感じたり無気力になってしまう人もいるのだそうです。

学校の役員をしたりなど積極的に子どものことに関わり、横の関係を強く築いてきた人(=ママ友が多い人)に多い現象だそうですが、実際のところどうなんでしょう?

今回は、私自身の状況や考え方を元に、40代の主婦が感じやすい淋しさや孤独感とどう付き合っていけばよいのかを考えてみたいと思います。

 

ママ友はそんなに必要でしょうか?

ママ友というと、学校の情報を共有したり、学校行事で協力し合ったり、あとは子どもの成長やトラブルなどの相談をし合ったりといった付き合いが主になるかと思います。子どもが学校に通っている間は、非常に頼りになる存在ですよね。

では、ママ友がいないと、どんな困ったことが起こるのでしょうか?

実は私はあまり人付き合いが得意ではなく、また子どもが幼稚園から小学校へ上がるタイミングで引っ越しをした影響もあり、深い付き合いができるママ友はほぼ皆無でした。

最初のうちは「このままではいけない」と思い、積極的に学校や子ども会の役員を引き受けて横の広がりを持とうと努力したのですが、田舎のせいもあるのか結局すでにできあがっているグループに馴染むことができず、子どもの同級生のお母さんたちとは行事や役員の仕事などの単発的な付き合いのみで、気楽にランチに誘えるようなママ友はひとりもできませんでした。

確かに、周りで楽しそうにプライベートなお付き合いをしているママ友集団を見ると、疎外感を感じることもありましたが、でもママ友がいないことで何か不利益を被ったり不自由を感じることがあったかというと、実はあんまり無いんですよね。
今振り返ってみても、ママ友がいないせいで困って右往左往したことはほとんどなかったように思います。

確かに情報の共有ができないのはマイナスではありますが、分からないことがあれば担任の先生と連絡をすればすぐに判明しますし、必要なことはすべて学校からプリントなどで連絡がきますから、実害はまずありません。

何か問題があるとすれば学校からは公表されない裏話的な話題を知ることができない点ですが、そこは割り切ってしまえば別に大したことではないんですよね。

ママ友がいなくても淋しくない理由は?

最初は、努力してもなかなかママ友ができないことが辛く、懇談会や授業参観でひとりポツンとしてしまうことが淋しかったです。

ですが、ママ友付き合いもよく考えたら面倒な部分も多く、ストレスを抱えながらお付き合いをしている人も案外多いことを知ってからは、この孤独感は裏返せば「非常に気楽」ということなのでは…?と思うようになりました。

そう思うようになってから、ママ友のいない解放感をより実感するようになり、気楽に過ごせるようになったんです。

私がこんな風に思えるようになったのは、とある友人のおかげです。

私はちょっと遠い場所に親友と呼べる友人がおり、数カ月に一度くらい会って食事をしたりショッピングしたりおしゃべりをしたりして過ごすのですが、たった数カ月に一度の彼女との時間が、私の心にものすごい平穏を与えてくれるのです。

近所にはランチに行けるような友達はひとりもいませんが、彼女の存在のおかげで「もうそんなにがんばってここでママ友を作らなくてもいいじゃないか」と思えるようになり、ママ友作りをやめました。

そして、子どもの幼稚園時代、どれだけママ友ネットワークに翻弄されて苦労してきたかを思い出し、あれだけ嫌気が差していたママ友付き合いなのに、なぜ敢えてまた自分からそこへ飛び込もうとしていたのか……と、我に返った気分でした。

あわせて読みたい
ママ友との悩ましいお付き合いについて こんにちは、しおりです。 今日は「ママ友とのお付き合い」について思っていることを書きます。 今から十数年前、子どもが...

 

活発にママ友たちと交流をしてきた人ほど、交流がなくなったときに淋しさがつのってしまうのかもしれませんが、別にママ友同士の世界だけがすべてじゃありません。

子どもが大きくなれば仕事を始める主婦の人も増えるでしょうし、そうなれば職場でまた仲間ができます。

私なんて職場の人間関係も苦手なので仕事以外ではまったく交流がありませんが、それも割り切っているので問題ありません。
割り切ってしまうと人間強いものだなぁ…とつくづく思います。

 

【スポンサーリンク】

 

人付き合いが苦手なのにひとりが淋しいという心境

 

周りを見ていると、私だけでなく人付き合いが苦手という人はとても多いと感じます。
むしろ、人付き合いが得意!いう人を見かけたことがほとんどありません。

なのに、実際の世の中は、誰かと一緒につるんで行動している人がとても多いですよね。
買い物も食事も、2人3人、それ以上の人数で出かける人が多い印象です。

みんな本音では人付き合いが煩わしいのではなかったのでしょうか?
人付き合いは煩わしいけど、一人だとやっぱり淋しいのでしょうか?

私は誰かと一緒に出掛けるより、ひとりで出かける方がずっと伸び伸びと自由に行動できるので、基本的にひとり行動です。
一人で淋しいと思うよりも、気を遣わなくていい気楽さの方がずっと勝るんですよね。

もしかしたら私は人間的に未熟なのかもしれません。
ですが、自分が楽なのでずっとこんな調子です。

もちろん、集団行動が必要なときは参加します。
学校の役員もノルマはちゃんと果たしましたしね。

でも、必要以上に人とつながりを持ちたいと思いません。
自分の時間、家族との時間の方がずっと貴重だと思っているので。

 

孤独や淋しさとどう付き合うか

trees-2562807_640

 

孤独や淋しさを感じている人は、もしかしたら他人の楽しそうな様子を見てよけいにその気持ちを煽られているだけかもしれません。

なんというか、人の幸せそうな姿、楽しそうな姿というのは、自分に疎外感を感じさせる時がありますよね。
そんな時、ふと孤独感に襲われたり、何だか無性に淋しい気持ちになったりすることがあるかもしれません。

でも、そんなときは「自分にとって一番大切なものは何か?」というのを自問自答してみるのがいいと思います。
すると、自分にとって一番大切なものは、自分の家族であることに気づくと思うんです。

自分の家族がみな健康で仲良く暮らせているのなら、それで十分幸せじゃないでしょうか。

もし家族の誰かが病気や不幸に見舞われたら、自分のこの幸せは足元から崩れ去ってしまいます。それを考えたら、ママ友がいない淋しさなど大した問題ではありません。

私にとって一番大切なのは家族であり、それ以上を望むのは欲張り過ぎだと思っています。そう思っていると、孤独や淋しさを感じることはそうそうないんですよね。

一緒に出掛けるママ友がいなくて淋しいと思う人は、ではそれで何か困ることがあるかどうか想像してみましょう。
特になにか具体的に困ることはないんじゃないかと思うのですが、どうでしょう?
困ることがなければ、無くても別に平気なはずですよね。

…なんて簡単に割り切れないから、淋しく感じてしまうんですけどね。

ただ、淋しさをまぎらわす方法をママ友に求めてしまうと、相手もあることですしなかなか思い通りに行かずもっと辛い思いをすることになるかもしれません。

孤独感や淋しさは、人でまぎらわすのではなく、何か別の方法でまぎらわせるのがいいと思います。

例えば、私は書くことが好きなので、こうしてブログで自分の思いを綴って表現することで、人間関係の希薄さを埋めているようなところがあります。

もしネットが無かったら、私も「ランチに行くママ友がいない…」ともっと孤独感に苛まれていたかもしれません。
無理して苦手な付き合いに自ら足を突っ込んで、ストレスフルな生活を送っていたかもしれません。

たまにこうして思いを吐ける場所があるだけで、とても気持ちが救われています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

在宅ワークもおすすめ

home-office-599475_640

 

孤独感や淋しさは、それを感じる時間的ゆとりがあるから色々考えて落ち込んでしまうという面もあります。
それなら、趣味の世界に没頭したり在宅ワークなどをしてヒマな時間が無くなれば、余計なことを感じずに済むかもしれません。
在宅ワークなら収入も発生しますので、やりがいもあります。

私は自分のブログを書きながら、クラウドソーシングでWebライターをしていますが、正直なところ毎日忙しくてランチやママ友どころではないというのが本音です。

ライティングやデザイン、イラストなど、クラウドソーシングは自分の得意を仕事にできる場なので、得意なものがある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう?
ひとつ別の世界ができるだけで、視野がものすごく広がりますので。
私が利用しているのは「ランサーズ」です。

またハンドメイドが好きな人なら、今は自分の作品を出品する場所がいろいろあります。
私の友人も「minne」で自作のハンドメイド品を売っていますが、新しい品を出品するたびすぐに売れていて、すごいなぁと感心しています。

ココナラ」はイラストやデザインなどの出品が多い印象です。
イラストを描くのが得意な人は、ココナラを利用して自分のスキルをお金に換えてみてはいかがでしょう?
私はココナラでこのブログのプロフィールイラストを描いてもらいました♪

あわせて読みたい
【ココナラ】でシンプル&ナチュラルなプロフィール画像を描いてもらいました! こんにちは、sioriです。 このブログのプロフィール画像はずっと自分で撮影した花の写真だったのですが、最近いろいろと余所...

 

インターネットの発達で、今はアマチュアや初心者の主婦が輝ける場がたくさんあります。
私もWebライターの仕事はまったくの未経験から始めました。それでも、月に10万円以上の収入を得られるようになりました。

ママ友がいなくて淋しいと感じている人は、孤独なんて感じないくらい新しい仕事や趣味の世界で忙しい日々を送ってみてはいかがでしょうか?

収入の手段が得られ、スキルも上がり、そこで徐々に自分の居場所ができていくので、ママ友とつるんで生産性のない時間を過ごすより、ずっと有意義で楽しく豊かな日々を送れると思います。

 

それでは、また。