Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
思うこと

在宅でWebライターの仕事をしています。

office-1500461_640

 

こんにちは、しおりです。

いま私は「ランサーズ」というクラウドソーシングを利用してWebライターの仕事をしています。
Webライターの仕事は、ネットの記事を書くこと。
さまざまな専門メディアや個人のクライアントさんから依頼を請け負って記事を書いています。

私は昔から書くことが大好きで、これまでブログをいくつも立ち上げて自由気ままに文章を綴ってきました。

飽きっぽい私が唯一継続できているのは「書くこと」。

なので、書くことで収入を得るというのは私にとって夢のようなことで、まさかそれが実現するとは思ってもみませんでした。

今は毎日幸せを感じながら仕事をしているわけなんですが、問題は仕事に比重を置き過ぎて自分のブログが疎かになってしまうことです…。
 

自分のブログ更新が面倒になってくる

仕事で請け負う記事作成はだいたい2000文字~10000文字くらいで、内容は文字が増えるにつれて専門的になっていきます。私の場合は自分の得意分野である美容、健康、介護に関する記事がメイン。

2000文字くらいまではわりとサクッと読めるライトな記事が多いですが、3000文字以上になるとけっこう読み応えのある記事になります。5000文字を超えてくると専門性はグッと深まり、リサーチもさらに時間をかけて念入りに行います。深い部分にまで踏み込んだ内容になるので、記事自体の価値も高まる傾向に。

そんな記事を日頃から仕事でたくさん書いていると、正直もう自分のブログどころではなくなってくるんですよね。

私は自分のブログもとても大切に思っていて、ひとつひとつの記事をけっこう丁寧に書いてきたつもりですが、Webライターの仕事を始めてからは自分のブログ記事はちょっと手抜きになってきてるなぁ~と感じています^^;

本当はもっと自分で撮影した写真をどんどん載せて、私の生活や考えなどをこまかく書きたいのですが、それにはけっこうな時間がかかるんですよね。

ライティングにかけられる時間は限られているので、とりあえず収入に直結する仕事を中心にスケジュールを組んでいるので、自分のブログは空き時間でササっと更新する感じで…。

そうすると、やっぱりどうしても内容が薄くなるんです。
それが今のジレンマです。

 

 

Webライターの仕事をもっとがんばりたい

texture-2870649_640

 

でも、今はWebライターの仕事がとっても楽しくて仕方ありません。
人のために書くよりも自分の記事を書いた方が楽しいと思っていましたが、そんなこともないようです。

確かに仕事では自分の自由に書くことはできません。その点では自分のブログの方が好きなテーマで好きな切り口で余計なことを考えずに書けるので、そういった楽しさはあります。
ブログを読んでくれた人からメッセージをいただくこともあり、「うれしいな~」としみじみ感じることも。

でも、自分の書いた記事をお金を出して買ってくれる人がいるというのは、またそれとは違った喜びなんですよね。
自分の書く文章を認めてもらえること、お金を払う価値があると思ってもらえること。
それは書く仕事をしている身にとって本当にうれしいことなんです。

なので、今はWebライターの仕事をもっともっと極めたいなと思っています。

私は良い大学も出ていないし特別な社会経験があるわけでもない普通の主婦です。

ライターの中には有名大学を出ていたり、海外生活の経験があったり、税理士や会計士の資格を持っていたりと、ツワモノたちが大勢います。

そういうスゴイ人たちと競うことなんて私には到底無理ですが、せめて自分の得意分野だけはもっと深めていきたいし、もっと価値の高い記事を書きたいという思いは常にあります。
そこで、美容に関する資格を取ろうと思い立ちました。

今から資格勉強をすることになるとは思ってもいませんでしたが、知識を付けるため、依頼主からの信用度をあげるために、がんばって資格を取ろうと思います。(と言っても、そんなに難しい資格ではないんですけどね)

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ

クラウドソーシングでちょこっと記事を書いているからといって、「ライター」なんて名乗るのはちょっと気恥ずかしい気もするんですが、私の中ではまさに夢の実現です。
クラウドソーシングという仕組みがあったからこそ叶ったこと。

だんだん仕事量も増えて今はパート時代と同じくらいの収入をライターの仕事で得られるようになってきたので、とうとうライター専業になりました。

ひとりで在宅ワークをやっていると色々と悩むことや落ち込むこともあるんですが、どうせ嫌な思いをするなら自分の好きな世界で切磋琢磨した方が幸せだと思うんです。

在宅ワークって楽なことばかりじゃないな~というのが実感ですが、はじめて自分の本当にやりたいことを仕事にできている今、もっと上を目指してがんばっていこうと思っています。

 

それでは、また。