Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダイエット

ダイエット外来は本当に痩せる?メリットとデメリットを徹底リサーチ

深刻な肥満やそれに伴う健康被害に悩む人が、医師や専門家の力を借りて健康的に痩せることができるダイエット外来

  • 自分ではダイエットが続かない
  • リバウンドを繰り返してしまう
  • いくら努力してもちっとも痩せない

このような人にとって、医療の力を借りて行うダイエットはまさに「最後の砦」のようなものかもしれません。

しかし、ダイエット外来はまだそれほど一般に浸透していないので、なかなか体験した人の情報を得るのが難しいですよね。
具体的にどんな治療を行っているのか知らない人も多いかと思います。

そこで今回は、ダイエット外来のメリットやデメリットを通して、ダイエット外来では一体どんな治療を行っているのか、詳しく紹介します。

ダイエット外来のメリット

まず最初に、ダイエット外来に通うメリットを見ていきましょう。
ダイエット外来では一体どのようなサポートが受けられるのでしょうか。

①肥満の原因を知ることができる

ダイエット外来では、治療の前に「血液検査や内臓脂肪のチェック」、「遺伝子検査」などを行い、肥満の原因を調べてもらえます。

ほとんどの人は、運動不足やカロリーの過剰摂取が原因だそうですが中にはホルモン異常などの病気によって肥満になってしまう人もいます。

肥満の原因をはっきりと知り、一人ひとりに合ったメニューで効率よくダイエットできるのは、ダイエット外来のメリットの1つです。

②効果的で安全な薬を処方してもらえる

ダイエット外来では、必要に応じて食欲を抑える薬(サノレックス、リダクティルなど)や、脂肪吸収を抑えたり脂肪を燃焼させる薬(コレバイン、ゼニカルなど)が処方されます。

市販のダイエットサプリメントなどと違い、病院で処方される薬なので安心感がありますし、患者さんの健康状態に合わせて処方される医薬品なので、一般向けのサプリなどよりもはるかに高い効果が期待できます。

しかし、薬さえ飲んでいれば簡単に痩せられるというわけではありません。
薬を処方されるのは、生活習慣の改善のみではダイエットが難しい場合ですから、並行して食生活の改善や運動なども行う必要があります。

③専門家からのアドバイスで適切なダイエット方法を実践できる

ダイエット外来では、医師だけでなく管理栄養士や保健師など、さまざまな専門家がダイエットメニューを考えてくれ、専門的なアドバイスを受けることができます。

ダイエット期間中は体重や食事内容、運動内容について毎日記録をするので、通院の際に、体重の停滞やそれに伴う気分の落ち込みなども相談できますし、自分に合った新たなメニューを提案してもらえるのも強みのひとつです。

④無理な運動をしなくても良い

ダイエット外来では、初診で検査やカウンセリングを行い、患者さんの性格やこれまでの生活習慣に合ったダイエットメニューを提案してもらえます。
ですから、過度なジョギングや筋トレなど、無理な運動をする必要はありません。

特に肥満の人が自分の判断で激しい運動を行うと、ケガの原因になったり内臓や体に必要以上に負担をかけてしまいます。
また、無理な運動は億劫になりやすく、続けるのが難しいもの。
プロの指導の下で無理なく続けられるダイエットを行えるのも、ダイエット外来のメリットだと言えます。

⑤健康的に体質改善し、リバウンドしにくい体を作れる

自分で行うダイエットでは、根本から体質や生活習慣を変えることはなかなか難しいですよね。
知識がないのに無理に痩せても、栄養が偏って体調を崩したりリバウンドしてしまったりしては意味がありません。

でも、ダイエット外来は、ただ痩せるだけではなく、太りやすく痩せにくい体質・生活習慣を改善し、リバウンドしにくい体を作るまでを目標としています。
そのため、治療が終了しても、治療で手に入れた健康的な体を維持することが可能です。



ダイエット外来のデメリット

次に、ダイエット外来を利用するデメリットを紹介します。
もし「ダイエット外来に行ってみようか…」と悩んでいるなら、事前にこれらのデメリットをよく検討してから決断するようにしましょう。

①通院の手間がかかる

ダイエット外来は比較的新しく、特殊な診療科目です。
その為、必ずしも近所の病院にあるとは限りません。
…というより、ない可能性の方が高いと思います。
ですから、ちょっと遠くの病院まで通院しなければならない可能性があります。

また、病院によっては特定の曜日・時間帯を指定しているところも多いです。
すると、通院のために有給を使わなくてはならなかったり、職場から通院しなければいけない可能性もあるので、そういったことが可能かどうかも考える必要があります。

せっかく通院治療を受けるなら、多少遠かったり時間の融通が利かなくても、評判が良くて実績のある病院を選んだ方が良いでしょう。
あらかじめ調べたり問い合わせたりして、本当に通院治療が可能かどうか検討してくださいね。

②費用がある程度かかる

医療機関で行うので、もちろん治療費が発生します。
治療に保険が適用されるかどうか、また治療内容によっても費用は大きく変わってきます。

肥満度が高い、肥満による健康被害が大きいという人は保険診療の対象となりやすく費用が安く済みますが、自費診療となるケースもあるので注意が必要です。(BMI値などによって保険診療になるかどうかを決めているクリニックもあります)

また、場所が遠ければ交通費もバカになりません。
更に、体重計やダイエット器具など、自宅で揃えなければいけないものもありますから、その費用も頭に入れておく必要があります。

健康的な食生活にするということは、野菜や果物もたくさん食べることになりますが、野菜や果物は意外と高いもの。お菓子より断然高いケースもあります。
私は子供のおやつによく果物をあげますが、お菓子の方がよっぽど安いと思います…。
体に良いものや体に良いことには、案外とお金がかかることは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

③急いで痩せたい場合は向いていない

ダイエット外来によっては、3カ月で体重の10%減少という非常にゆっくりしたペースを設定するところもあります。
そうでなくても、ダイエット外来は健康的に痩せ、リバウンドしない生活習慣や体質を作ることが目的なので、緩やかな体重減少を設定しています。

ですから、「来月友人の結婚式が…」「夏の水着のシーズンまでに!」など短いスパンで痩せたい人にはダイエット外来は向いていません。

急激なダイエットは健康に悪いのでそもそもオススメしませんが、急いで痩せたい人は、食事制限や置き換えダイエットなどを行い、自分で頑張る必要があります。

まとめ

メリットの多いダイエット外来ですが、もちろんよいことばかりではなくデメリットもあります。

メリットだけを見るのは問題ですが、深刻な健康被害が出るほどの肥満体型の方であれば、多少お金や時間を使ってでもダイエット外来に通院する価値は大いにあると思います。
それによって得られる健康な内臓や体は、今後の人生において大きな宝になるでしょう。

ダイエット外来のメリットとデメリットをきちんと把握したうえで、受診するかどうかをしっかり検討してください。

▼ダイエット外来の費用治療方法については、こちらをお読みください。

ダイエット外来はどんなことをするの?治療方法や費用を解説! ダイエットは、正しい知識と継続する意思があれば誰でも成功できるものですが、世の中には何度挑戦しても痩せられなかったり、い...