体・健康

顔のたるみの解消にはまずリンパマッサージを試そう!正しいやり方を解説します。

 

10歳は老けて見えるといわれる「顔のたるみ」
人はどうしても年齢を重ねていくと体のあちこちがたるんでくるものですが、中には若いうちから顔がたるんでしまう人もいます。

つまり、顔のたるみは年齢だけが原因ではないということですね。

では、顔がたるむ原因はいったい何なのでしょうか?

この記事では、顔がたるんでしまう原因と、顔のたるみの解消法としてとてもおすすめな「リンパマッサージ」の方法をくわしく紹介します。

リンパマッサージが効果的なケース
  • 頬や口周りがたるんでいる
  • ほうれい線が気になる
  • フェイスラインがぼやけてきた
  • 太っていないのに二重アゴで悩んでいる

リンパマッサージは、加齢によるたるみにもそれ以外のたるみにも非常に効果的なので、ぜひ正しいやり方を学んですっきりフェイスを目指しましょう♪

顔がたるむ原因はこの3つ!

鏡を見て顔のたるみに気が付き、ショックを受けてしまうこと、、、ありますよね。
年齢を重ねていけば顔がたるみやすくなるのは当然ですし、気を抜いていると若いうちからたるんでしまう人も意外に多くいます。

若いのに顔がたるんでしまう場合、大抵は以下の3つの理由が関係しています。

・表情筋の衰え
・姿勢の悪さ
・生活習慣

順番にくわしく見ていきましょう。

表情筋の衰え

まずいちばん顕著にたるみにつながるのが、「表情筋の衰え」です。
実は表情筋は10代後半から年々下降していくものなのだとか。

表情筋は顔中に張り巡らされているものの、実際に使用している表情筋は笑ったり驚いたりした時に使う筋肉が主で、表情豊かな人でも全体の30%程度しか使っていないことがわかっているそうです。

使用しない筋肉はどんどん衰えていくので、少しずつ締まりがなくなり脂肪を支えきれなくなって、徐々に頬が垂れ落ちていくことに…。
これが表情筋の衰えからくる顔のたるみの原因です。

姿勢の悪さ

若い人のたるみの原因で多いのが、「姿勢の悪さ」
猫背になるとアゴが前に突き出るようになり、首の後ろの筋肉が縮んで顔が下に引っ張られる形になります。
すると、下方向への力が働いて顔がたるんだり二重アゴになりやすく、また口角が下がって、いわゆる「ブルドック顔」の原因にも。

たるみを引き起こす生活習慣

生活習慣が不規則だったり、日ごろから顔をたるませるようなクセが習慣になっている人は、知らず知らずのうちに顔のたるみを進行させてしまいます。

たとえば、寝不足が続くと、肌を再生させるホルモンの分泌が妨げられ肌のターンオーバーに狂いが生じてしまいます。
新陳代謝が滞った肌には古い角質がいつまでも残り、肌を老化させて肌をたるませてしまいます。

このターンオーバーの乱れは、加齢によってコラーゲンやエラスチンといった美肌成分が減少することでも起こります。
どちらにせよ、ターンオーバーが正常に働かなくなってしまった肌からは元気がなくなり、ハリや弾力が失われるのと同時に、重力に逆らえなくなって顔の脂肪がたるみやすくなってしまうのです。

また、紫外線対策を怠ってきた人は、紫外線の害が肌に蓄積してシミやしわ、たるみの原因となります。

これらに該当する人は、まずは睡眠をしっかりとる、紫外線対策を行う、肌に良い栄養を積極的に摂るなどの美肌習慣をつけて、顔をたるませない習慣作りをすることから始めましょう。


顔のたるみにはリンパマッサージが効果的!

顔のたるみを改善するために、ぜひともおすすめしたいのが「リンパマッサージ」です。

リンパは全身の皮膚の中に張り巡らされ、常にリンパ液が流れています。
リンパには、「排泄機能」「免疫機能」といった大切な役割があり、人の体が健康を保てるように働いています。

ところが、何らかの事情でリンパの流れが滞ると、美容面に以下のような悪影響を与えてしまうことに。

  • 老廃物がスムーズに排泄されず体内に溜まってむくみを生じさせる
  • むくみの重みで顔がたるむ
  • 肌細胞の新陳代謝が衰えてくすみやシミが発生する

むくみというのは、体に不要な老廃物や毒素がたまった状態ですから、リンパマッサージをして排泄機能を促してあげることで解消させていくことができます。

ではさっそく、顔のたるみに効果抜群なリンパマッサージのやり方をご紹介しますね。

リンパマッサージのやり方

リンパマッサージのポイントは、「正しい順序でおこなうこと」
間違った順序でマッサージをしてしまうと十分な効果を得ることができないため、まずはこの順序をしっかり覚えてください。

  • 皮膚の摩擦を避けるため、入浴中に石けんやボディソープを体に付けた状態でおこなうのがベスト。入浴後におこなう場合は、マッサージクリームやオイルなどを使用してください。
  • やさしく撫でるような力加減でおこないましょう。

まずは「鎖骨」から

まず最初にマッサージをするのは、「鎖骨」です。

実は鎖骨には「リンパの出口」があり、体中のリンパが集まってきて非常に詰まりやすい箇所なのです。
最初に鎖骨の詰まりをほぐすことでリンパが効果的に排出されるようになり、これからおこなうリンパマッサージの効果がより高まります。

鎖骨のリンパマッサージのやり方

  1. 両手をクロスにし、人差し指と中指の2本をそれぞれ鎖骨の中央部分(顎下あたり)の上のくぼみに当て、回すように5秒ほど優しくマッサージします。
  2. 左側の鎖骨の中すぐ下に右手の指を当て、中央から肩へかけて撫でるように3回マッサージします。次に、反対側も同じように行います。(鎖骨のすぐ下を沿うような形で指を移動させます)
  3. これを3回繰り返します。

「耳下」から「鎖骨」へ

次は、フェイスラインをすっきりさせるリンパマッサージです。

「耳下」には鎖骨と同様、リンパの出口があるので、よくほぐしてリンパの流れを促しましょう。

耳下~鎖骨のリンパマッサージのやり方

  1. 耳たぶの裏側のくぼみ部分に中指を当て、クルクルと回すように5秒ほど優しくマッサージします。
  2. 人差し指・中指・薬指の3本を上記の耳裏のくぼみに当て、左右から鎖骨中央に向かって斜めにさすります。
  3. これを3回繰り返します。

「おでこ」から「首筋」へ

最後に、おでこから耳の前と首筋を通ってリンパを鎖骨へ流し、顔回りをスッキリさせましょう。

おでこ~耳の前~首筋のリンパマッサージのやり方

  1. 両手の指先をおでこの生え際中心に当て、それぞれ左右の「耳の前」を通り、そのまま「首筋」をなぞって鎖骨まで落とします。
  2. これを3回繰り返します。
  3. 最後に、鎖骨の中心部分から両肩へ向けてリンパを流します。
  4. これを3回繰り返します。

これらのリンパマッサージを1日1回おこないましょう。
リンパは温かい場所だと流れやすくなるので、入浴中や入浴直後にマッサージをおこなうとより効果的です。

また、たるみやほうれい線を予防&改善するには、リンパマッサージと同時に表情筋を鍛えることが効果的です。

▼私がやっているのは、おきゃんママの「顔ダンス」。とってもおすすめです♪

おきゃんママの「顔ダンス」で小顔&たるみ解消を目指しています! こんにちは、sioriです。 私は昔から締まりのない輪郭をしておりまして、それこそ10代~20代の、本来ならまだ「たるみ」...

まとめ

リンパマッサージをすれば顔のたるみが無くなるというわけではありませんが、リンパの流れを良くすることでフェイスラインがスッキリして小顔効果が表れるケースがとても多いです。

顔のたるみやむくみに悩んでいる人は、もしかしたらリンパマッサージでリンパの流れが良くなれば、顔がスッキリしてたるみが改善できるかもしれません。
ぜひ記事でご紹介した方法を試してみてください。

 

*ブログランキングに参加しています*

バナーをクリックして頂けるとうれしいです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ