Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ダイエット

ジムに通っても痩せない人必見!ダイエットのためのジムはこう活用しよう

 

ダイエットには運動が必要なことは分かっていても、毎日時間を作ってひとりで運動を続けるのは想像以上に難しいものです。

「今度こそ絶対に痩せる!」と、意気込みのあるうちはいいけれど、そのうち億劫になって1日休み、2日休み、そのままなし崩しにダイエットに挫折してしまう…。
そんな経験、ありますよね?

それなら強制的に運動をする環境を身を置けばいいんじゃ……?
そう思ってスポーツジムに通う人はとても多いです。
でも、ジムに行けば本当に痩せるのでしょうか?

実は私自身、これまで何度もジムでのダイエットに挫折してきました。(おそらく3~4回)
なぜかというと、頑張ってジムに通って運動しているのに、ちっとも痩せなかったからです。

それを踏まえ、今回は以下のような内容をお送りしたいと思います。

この記事で分かること
  • ジムに通って痩せるタイプと痩せないタイプ
  • ジムに通っているのに痩せない理由
  • ダイエットに効果的なジムの活用法
  • 今流行りのパーソナルトレーニングについて

せっかくジムに通うなら、成果を出さなくてはもったいないです!
そのためにも、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

ジムに行って痩せるのはこんな人

スポーツジムに行って痩せられるのはどんな人でしょうか?
これらに当てはまる人はジムに向いているので、ぜひジム通いを検討してみてください。

①運動が好きな人

もともと運動が好き、汗をかいてスッキリするのが好きという人は、ジムに行くのに向いています。当然といえば当然ですね。

運動が好きなら、ジムに通い続けることが楽しく苦痛になりません。
自分で運動するよりモチベーションも上がり、ダイエットに成功しやすくなります。

トレーナーや一緒に運動している人たちと仲良くなれば、ますますジム通いが楽しくなりますし、ジムにはさまざまなマシーンやプログラムがあるので、次々にいろんな運動ができて飽きません。

②食生活の改善ができる人

ダイエットには、運動だけでなく食事管理も大切です。
むしろ、痩せるために最初に改善すべきなのは、運動よりも食事です。

カロリーの量はもちろん、ダイエットに向いている食材や、筋肉を作る食材を意識したメニューを積極的に食べることが大切。

上に書いた私のジム失敗談は、この食事管理がまったくなっていなかったことが原因でした。
運動しているからと油断してつい食べ過ぎてしまったり、あまりに痩せないので焦って無理な食事制限をしてしまい、脂肪だけでなく筋肉量まで減らしてしまったことで「痩せにくく太りやすい体質」になってしまったのです。

いくらジムで運動しているとはいえ、肥満を引き起こす主な原因の「食生活」を改善できる人でないと、ジムでどんなに体を動かしても痩せることはできません。
食事の改善は、ダイエット成功に欠かせないポイントです。

③筋トレを積極的にやっている人

運動には大きく分けてランニング、ウォーキング、水泳などの「有酸素運動」と、筋力トレーニングの「無酸素運動」があります。

有酸素運動は脂肪燃焼、無酸素運動は筋肉を鍛えて太りにくい体を作ることを目的としています。

ダイエットのための運動というと、何となく有酸素運動を思い浮かべる人が多いかと思いますが、キレイに痩せるには断然「筋トレ」をするのが近道!
これは間違いありません。

実は、筋トレ自体はそれほどカロリー消費量は高くありません。
が、筋トレにはもっと素晴らしいダイエット効果があるのです。

それは、筋肉量が増えて基礎代謝量がアップすること

基礎代謝の量が増えれば、それだけ1日の消費カロリーが増えることになり、同じ食事をしていても基礎代謝量の低い人に比べて痩せやすくなります。

また、筋トレによって、ボディラインが引き締まり、かっこよく痩せることができるので、洋服が似合うようになったり姿勢が良くなったりといったメリットもありますよ。

ジムに行っても痩せない人は?

では逆に、ジムに通って日々運動しているにもかかわらず、ちっとも痩せないという人の特徴を見ていきましょう。

①食べるのが好きな人

3度の食事以外にも、おやつは絶対に欠かせない、とにかく食べることが大好き、という人は、慢性的なカロリー過多になっている可能性があります。

スーパーで必ずお菓子をカゴに入れてしまう、食事のあとには甘いものについ手が伸びてしまう、そんな生活を続けていると、せっかく一生懸命ジムで体を鍛えて筋肉量が増えても、そのうえに乗っかっている脂肪が一向に減らないので、ボディラインはぷよぷよのままです。

引き締まったスリムな体型を実現するには、筋トレで筋肉を増やすと同時に、脂肪をどかして筋肉を表面に出してあげることが大切。
食べるのが好きで無駄肉が多い人は、いくら体を鍛えても肥満は改善できないことを肝に銘じておきましょう。

②有酸素運動ばかりやっている人

上でも述べたように、エイジング世代の女性が美しく痩せるには、天然の補正下着といわれる筋肉を身につける「筋トレ」が欠かせません。

確かに脂肪燃焼のためにはジョギングや水泳などの有酸素運動が効果的ではありますが、実は有酸素運動をすると脂肪と同時に大切な筋肉までエネルギーとして使われてしまうのです。

つまり、筋トレをせずに有酸素運動ばかりしていると、筋肉量が低下して基礎代謝が落ちてしまうわけですね。

この状態では、有酸素運動を続けているうちはいいですが、もし何らかの理由で有酸素運動をやめてしまえば、代謝の落ちた体はリバウンドにまっしぐら。
非常に太りやすい体になってしまうのです。

③運動量が少ない人

ジムはもちろん運動をしに行く場所ですが、なかには友人とおしゃべりばかりしていたり、プールでは泳がずにサウナやジャグジーばかり使用していたりして、肝心の運動はほんの少ししかしていない人もいます。

ジムに行くだけで何となく体に良いことをしているような気になるものですが、しっかり体を動かして筋肉を刺激したりカロリーを消費しなければ痩せることはできません。

また、ジムには最低でも週に2回は通いたいものです。
働いていて土日しか空いていないという人は、土日の2日間をジム通いに充てるのは難しく週に1度通うのがやっと、という人もいるでしょう。
ですが、週にたった1度のトレーニングでは十分なダイエット効果は望めません。

仕事をしていて時間がない人は、会社や自宅のすぐそばのジムに通い、平日の仕事終わりに30分でも運動する習慣をつけることが大切です。

それも無理な場合は、残念ながらジム通いは適していません。
今は自宅でもさまざまなトレーニングが行える多種多様なグッズがあるので、そういった人はぜひ自宅トレーニングを検討してみましょう。

ジムの効果的な利用法

ダイエット効果を高めるためにジムを有効活用するには、どういったことを気を付ければよいでしょうか?

①ダイエット向きの食事に変える

まず、痩せるためには食事の改善が不可欠です。
なにも、カロリーを極端に減らすような厳しい食事制限を勧めているわけではありません。
痩せるのに効果的な食事内容、食事量を守るように心がけることが大切なのです。

40代の美しさは筋肉が支えてくれますから、筋肉の元となる「たんぱく質」を豊富に含む食材を積極的にとり入れましょう。
おすすめは、以下のような食材です。

  • 鶏の胸肉(ささみ肉)
  • 豆腐や納豆などの大豆製品
  • ヨーグルトやチーズなどの乳製品

ほかに、野菜類や果物類をよく食べて、ビタミンやミネラル、生の酵素をたっぷり体内にとり込みましょう。

また、ぜひ心がけたいのが、1日1.5~2リットルの水を飲むこと。
水をたくさん飲むと、お通じが良くなったり、むくみが解消されたりと、デトックス効果が高まってダイエットのサポートをしてくれます。

②週に最低2回はジムに通う

せっかくジムに登録したからには、できるだけたくさん通って運動を習慣づけていきましょう。

理想は週に4回ほど通って、筋トレと有酸素運動をバランスよく行うことです。
もしそんなに通えない場合は、最低週に2回はジムに行き、筋トレメインのメニューをこなしましょう。
筋トレなら週に2回でも十分な効果が見込めます。
その際は、最初に必ずトレーナーの指導を受け、週に2回しか通えないことを話して専用のメニューを組んでもらいましょう。

③パーソナルトレーニングを受ける

ジムを利用する最大のメリットは、「プロから正しいトレーニング法を学べること」です。

ライザップなどの影響で今はパーソナルトレーニングが非常に盛り上がっていますが、とくにパーソナルトレーニングに申し込んでいなくても、トレーナーに相談すれば運動のやり方を教えてくれたり効果的なメニューを組んでくれたりします。

ただ、意思が弱くて一人では続かない、筋トレのフォームをいちから矯正したい、という場合は、最初の1カ月だけでもパーソナルトレーニングを受けるのがおすすめです。

※パーソナルトレーニングとは?

経験豊富なパーソナルトレーナーが、1人1人の希望に合ったトレーニングを提案しながら、マンツーマン、もしくは少人数のグループで運動指導と食事指導を行う方法です。

パーソナルトレーニングなら、決められた時間内で行うのでダラダラと意味のない運動を行うこともなく、集中してトレーニングに向かうことができます。

また、トレーナーが1つ1つの運動をチェック、指導してくれるので、正しい運動法で効率よくトレーニングできるというメリットも。
食事の指導もこまかく、毎日食べたものを写真に撮ってラインなどで送信するところも多いです。

徹底した運動管理と食事管理で、確実に目標を達成できるよう働きかけてくれるので、これまで何度もダイエットに失敗してきた人でも成功しやすいのが特徴です。

金銭的な負担や、厳しい指導に耐える忍耐力が必要とされますが、自力で痩せるのが難しい人にとってこれほど確実性の高い方法はほかにないでしょう。

おすすめは、女性向けのパーソナルトレーニングジム
たとえば、恵比寿、渋谷、代官山から徒歩圏にある【Runway】は、モデルさんも通っているという隠れ家的パーソナルジムで、2カ月の短期集中ダイエットから、肩こり腰痛、姿勢の改善など、さまざまな目的に合わせたコースがたくさん用意されています。

ウェアやタオルは無料レンタルなので、会社帰りに手ぶらで通うことができて便利♪
もちろん栄養管理士による食事指導もあるので、運動と食事の両面でダイエットをしっかりサポートしてくれます。

60分コースはトレーニング全16回、2ヶ月間食事サポート付きで、198,000円(税抜)。※入会金も含む
パーソナルトレーニングとしては安めの方かと思います。

経験豊富なトレーナーが専属でサポートのパーソナルトレーニングジム【Runway】

まとめ

ダイエットをしようと思い立ったとき、とりあえずジムに通ってみようかな?と思う人はとても多いと思いますが、ジムに通うだけですぐに痩せられるわけではありません。

「ジムに通いさえすれば、自分の意識が変わって痩せられるんじゃないかな?」

確かにそういう人もいるかもしれません。
でも、ただ漫然と通い続け、やがて億劫になって退会する、、、というパターンが多いのも事実。

ジムがダイエットに最適であることは間違いありませんが、続けなくては意味がありません。
ジムを選ぶ際は、通うのが面倒にならないよう、必ず生活圏の中で探すようにしましょう。
そして、ジム通いと同時に食事の見直しをしていくことが大切です。

もし継続する自信のない人は、パーソナルトレーニングに申し込んで強制的にダイエットせざるを得ない環境に身を置いてみるのもひとつの手段です。

ぜひ上手にジムを活用して、いくつになってもメリハリのあるボディを維持していきましょう!

こちらでは、ジムと自宅トレーニング、それぞれのメリット&デメリットを書いています。

ジムと自宅トレーニングはどちらが良い?それぞれのメリット・デメリットを解説します エイジング世代の女性がキレイに痩せるなら、ただカロリーを減らして脂肪を減らすだけでなく、トレーニングをして体を引き締めることが不...