体・健康

安物(1000円)の老眼鏡で大失敗…頭痛と肩こりが悪化してしまいました

こんにちは、アラフィフ主婦のしおりです。

半年前くらいから、とうとう本や雑誌の小さな文字が見えづらくなってきてしまいました。

数年前から老眼対策として目の体操などを日課にしてきましたが、やはり寄る年波には逆らえず…といったところでしょうか。

老いは誰にでも平等に訪れるものですから、ある程度は受け入れていくしかないですよねぇ。

「そろそろ私も老眼鏡デビューか」と思い、先日メガネ屋さんへ行く機会があったので老眼鏡を物色してみました。
いやはや、老眼鏡ってちゃんとしたものを作ると高いんですね~💦

まだそこまで老眼が進んでいるわけではないし、日常的に老眼鏡が必要なわけでもないし……と、とりあえずもう少しお手頃価格のものをネットで探し、1,000円くらいの安物を購入してみました。

安いのに素敵なデザインだし、ブルーライトカットだし、好きなブランンの色もあったので即決!
注文後は、すぐに手元に届きました。

届いてみると、まぁお値段からすれば当然なんですけど、全体的に軽くておもちゃっぽい感じで、安っぽさは否めません。
でもそれはある程度予測していたことなので別にいいんです。ちゃんと使えればOKなんで。

いざメガネをかけてみると、これまでぼやけていた文字がウソのようにハッキリくっきり!
老眼鏡というものをかけたのが初めてだったので、これはすごい!と感動✨

これなら、本を読むときやスマホを見るときも、これまでのようにぼやける視界にイライラすることもありません。

ただ、気に入って使用していくうちに、そういえば最近やけに頭が痛くなるな~とか、肩が凝るな~とか、これまで感じていなかった不調が出てきてしまったんです…。

老眼鏡を使い出してから急に出てきた症状なので、原因はこの老眼鏡以外に考えられません。

確かに、文字がよく見えるのは確かなのですが、少し視界がゆがむというか、メガネをかけていてクラッとするようなこともたびたびあり、、、

でも、メガネやコンタクトレンズって、慣れないうちは視界のゆがみや頭がクラクラすることはよくある現象なので、そのうち慣れるかな~と軽く考えていたんですよね。

こうして頭痛や肩こりが出てきてしまうと、やっぱりこのまま使い続けるには不安が……。

ちょっと本を読むときだけに使うくらいなら安い老眼鏡でも十分かな?と思っていましたが、身体の不調を起こしやすい年代でもあるだけに、やっぱり老眼鏡ももう少し品質のよいものを使った方がいいみたいです。

この年になって、これまでは何ともなかった体のあちこちにメンテナンスが必要になってきたな~としみじみ。
老眼に対しても、そろそろ真剣に対策をしていかないとダメですねぇ…。

とはいえ、すぐには手の出ない金額なので、今から少しずつ老眼鏡貯金を始めようかなと思ってします。

ただ、本当に一時的な使用なら、安い老眼鏡でもそれほど問題はないんじゃないかと思います。
この1,000円の老眼鏡もそうだし、100円ショップでも老眼鏡が売ってますよね。

でも私のように、読書好きでよく本を読む人や、スマホをよく見る人は、思いのほか長時間使うことになるので、きちんとメガネ屋さんで自分の目に合わせて老眼鏡を作るのがベストのようです。

安い老眼鏡は、文字がよく見えていても、実はピントが合っていなかったりして目に負担がかかりやすく、眼精疲労や頭痛の原因になってしまうのだとか。

使用頻度や時間によって判断していくのがいいみたいですね。
あまり使わないのに高価な老眼鏡を買ってしまうのももったいないですし。

▼私の購入したのはこちら。
安いしデザインもいいし、一時的な利用にはよいと思います♪

メイガン おしゃれ老眼鏡 ブルーライトカット 度数+1.50 軽量 形状記憶 5561-15

それではまた^^

*ブログランキングに参加しています*

バナーをクリックして頂けるとうれしいです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ